「映像&史跡 fun」は、映像・テレビ番組・史跡・旅・動画撮影のヒントなどをご紹介するコラムです。


「旅番組」シリーズ(1)プロローグ
旅が人をつくる / もうひとつの関ヶ原

皆さん、テレビの「旅番組」はお好きですか。

中高年世代の小生は、大の「旅番組好き」です。
職業柄もありますが、「旅」自体も大好きです。
人生自体が、まるで「旅」のようです。
同じように考える中高年諸氏も多いはず…。

今回から、コラムの中で、「旅番組」のシリーズを始めたいと思います。
さまざまな内容を書く途中に、時折、このシリーズを書いていこうと思っています。
いろいろなテレビの「旅番組」をご紹介していきます。よろしく お付き合いください。

* * *

このコラムは、歴史や史跡好きの方々が多くお読みいただいていますので、旅に関連した「歴史」のお話しを「プロローグ(序章)」として書きたいと思います。

徳川家康の有名な「東照公 御遺訓(とうしょうこう ごいくん)」をご紹介します。
これは、徳川家康が、自身の人生を振りかえるのと同時に、家族や家臣に残した大切な「人生の教え」とされるものです。

◇三英傑のホトトギス

さて、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人を「三英傑(さんえいけつ)」と言いますが、それぞれの人物を評する例えとして、よく、「ホトトギス」の話しが使われますね。

「鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」(信長を評して)
「鳴かぬなら、鳴かせてみせよう、ホトトギス」(秀吉を評して)
「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ホトトギス」(家康を評して)

これは、江戸時代後期の、肥前の国の平戸藩の藩主、松浦清が書いた「甲子夜話(かっしやわ)」の中に登場するお話しです。
詠み人のわからない川柳として紹介されています。

このホトトギスのお話しは、それぞれの人物の行動の結果を評しているもので、それぞれの性格を正確に表現しているものではありません。
たしかに、おおまかな人物像を、ひと言で表現していると言えなくもありませんので、間違いではありませんが、各武将の歴史の結果を表現しているといったほうがいいのかもしれませんね。

家康を評して「鳴くまで待とう」と聞かされると、どれだけ忍耐強い人間かと想像しますが、実際は、まったく違う印象です。
三英傑の中では、おそらく、最も短気、それも超短気だったと思われます。
戦国時代の三人の戦争の仕方を見ると、その性格がよくわかります。

◇信長のホトトギス

その名前が日本中に知られてくる頃の信長の「忍耐強さ」は、尋常ではないように思います。
いわゆる天才肌といわれますが、その好奇心や探究心、研究や学習の熱心さ、目的にむかう突破力と前進力は、歴史上の武人の中でも、ずぬけた存在です。
知能指数も相当に高かったのは確かだと思います。

人情に配慮する部分に欠けていたように思われがちですが、基本的には、サービス精神のある、人への配慮を欠かさない人物だったような印象を持ちます。
配慮を欠いた言動や、極端な暴力行為は、あえて計算して行われていた場合が多かったと思われます。
あるいは、相手の予想外の言動に対する、感情や愛情の裏返しの場合もあったかもしれません。
とにかく細かい部分を見落とさない、心理をきちんと理解する、加えて、合理性を追求するタイプの人間であったように感じます。

さらに、好奇心いっぱいの研究熱心な人物でした。
その戦闘スタイルも合理性のかたまりで、職業軍人システム、新兵器の開発、武器の使い方、戦闘システム、物資輸送管理システム、お城の運用の仕方…、など歴史的に、彼によって大きく変化した内容は膨大にあります。

そして、勝利のために、とにかく「待つことができる」武将だったと思います。
ものすごい忍耐力です。

* * *

彼の勝利する有名な戦いは、すべて「待って、待って、敵がワナにかかるのを待つ戦法」です。
彼の戦いは、徹底的な情報収集と分析から始まります。
心理戦や視覚効果ももちろん使います。
準備万端ととのえて、最後の勝利の瞬間に向かいます。

桶狭間(おけはざま)の戦い、長篠(ながしの)の戦いは、まさに、その典型ですね。
敵も、ワナにはまったことを悟った時には、「時すでに遅し」です。
最後まで、ワナにはまっていることに気がつかない武将も多かったことでしょう。

長篠にいたっては、敵の部下が死を覚悟してワナにわざわざ突っ込む隙に、お殿様を逃がすだけで精いっぱいです。
ですが、さすがに地上最強の武田軍団です。想像以上に奮闘しますが、最後は、信長の知恵と忍耐力、巧みな戦術にかないませんでした。
武田信玄が生きていたら、まずワナにはかからなかったでしょう。

信玄より、信長が少しだけ年齢が若いのは、運命としかいいようがありません。
新旧の直接対決を、見たかった気もしますね。

信長は、入念に準備した戦いとは逆に、直感や感情で動いたような、急ぎすぎた戦闘では、ほぼ苦戦しています。
有能な家臣たちが、難局を救っています。
彼の最期も、判断ミスと、おごりからきた油断…?
彼もワナにはまった…?

* * *

彼の改革は、戦闘スタイルだけでなく、皇室、宗教、経済システムにまで及びます。
彼には、黒人の外国人の家来もいました。
神事と興行が混ざり合った現代の「お相撲」のスタイルも、彼の改革からといわれています。

よくテレビの時代劇で、信長が西欧風の「よろい兜(かぶと)」に、赤いマント、ブーツ姿で、さっそうと登場するシーンがありますね。
ヨーロッパの中世の騎士のような形状のよろい兜は、「南蛮胴(なんばんどう)」と呼ばれており、秀吉も家康も持っていましたが、信長は少なくとも「かぶと」だけは確実に持っていました。
あの尖った、円すい型のかぶとです。胴体部やマント、ブーツは不明です。
でも、誰よりも早く使用していたかもしれません。相当、目立ったことでしょう。

おまけに色も派手好きだったでしょうね。
あの有名な肖像画を思い出しみてください。
上半身の白色の小袖(こそで / 袖のふくらんだ、胸元が前開きの着物)の上に、緑色の肩衣(かたぎぬ / 両肩の上に三角形の形状の部分がある着物)です。
袴(はかま)とあわせて、上下、緑色です。
両肩の三角形の部分には、白色の家紋(かもん)のマークです。
信長の少し前の頃からあったスタイルともいわれていますが、あの肖像画のファッションのインパクトはすごかったでしょうね。
安土城のデザインや色使いも、あのお城だけのものです。
天主(天守)閣を含めた館で、実際に生活していた武将も彼だけです。

好奇心と探究心いっぱいで、ことにあたっては、入念に考え、準備し、タイミングを待って、待って、行動する、行動するときは、とにかく迅速で強引、これが彼の性格と行動パターンだったと思います。
家臣にも、行動のスピードをかなり求めたことでしょうね。
ある意味、自身が猛烈な努力家でもありますので、努力精進しない仲間には激怒したでしょうね。

戦場で、敵を殺した場合にも、相手の首や耳や鼻を切り取らずに、次の敵にすぐに向かえと指示を出したのも、信長が初めてだといわれていますね。
自分の「てがら」を考えずに、軍団の勝利を徹底的に最優先にせよという意味です。
たいへん大きな意識改革です。
とかく、「リアリスト(現実主義者)」、「合理主義者」と評される信長ではありますが、もともとは、愛情深い一面もあったように感じます。

待つとなったら待つ、攻めるとなったら攻める、信じるとなったら信じる、信じないとなったら信じない、どちらにおいても徹底的です。
すべてとはいいませんが、極端な部分を持った性格だったのかもしれません。
今でいう、ごくたまに「キレる」一面を持っていたのかもしれません。
仲間に過剰に期待したり、まったく期待しなくなったり…。
ですが、裏切った部下に、何度も何度も説得したり、チャンスを与えたりする一面もあります。
自分の極端さを、自分の中でバランスよくコントロールするのも、たいへんだったかもしれませんね。

でも、決して短気な性格だったとは感じません。
ただ、アイデアが自分ひとりの頭の中にあり、決断が極端で頑固で、行動が強引だったのは確かです。
すぐに他人を信用するタイプでなかったのは確かでしょう。戦国時代ですから、さおさらです。

「俺について来い」、「俺の頭の中を想像しろ」、「知恵をしぼれ」と言うタイプのリーダーを想像しますね。
部下からみたら、たいへんに怖いリーダーです。

強力なリーダーシップを持った「統治者」、
新しい時代を切り拓く「開拓者」、
戦国時代が生んだ残虐な「悪魔」など
いろいろな面が複雑にからみあった孤独な人物であったのかもしれません。

こうした彼の尋常でない極端な強さを、「殺してしまえ」と表現したのであれば、非常にぴったりだと感じます。
でも、どうして殺すのか、いつどのように殺すのか、殺すことにどんな意味があるのか、などをよく考える人だったとは思います。

血で血を洗う戦国時代こそが、彼を生み出し、そして一瞬で抹殺したようにも感じますね。

◇秀吉のホトトギス

さて、秀吉は、頭のきれる策略家そのものです。
戦い方をみても、とにかく、考える、考える。
戦国時代には、それは 考えなしの弱小武将が、どれだけたくさん いたことか。

実際に戦わずして いかに勝利するか、勝利の後どうするか、負けた場合にどのように逃げるか、など考えぬきます。
戦争から、外交、政治、経済、文化まで、とにかく知恵者です。

「戦わずして勝つ」
言葉では簡単ですが、こんな難しい命題はありません。
現代なら、金を使わずビジネスで成功しろ、広告宣伝しないで商品を売れ、と言っているようなものです。
まったく不可能なことではないですが、相当な知恵が求められます。

こんなことができるのは、才能としか言いようがありません。
天才的な発想と、それを実現できる行動力と政治力です。

歴史上の希代の知恵者、竹中半兵衛と黒田官兵衛の「両兵衛」をも使いこなした人物です。
「知恵者を使いこなす、さらに上の知恵者」といえますね。
時に、両兵衛こそが黒幕といわれることもありますが、私はまったく違うと思います。

* * *

後世、こうした彼の能力を、「人たらし」と表現されることもあります。
「人たらし」は、人の心を掌握して、思い通りに人を使いこなすとも解釈できますが、人心掌握術も、彼の知恵のひとつにしかありませんでしたね。

彼のこのような、天才的な「かしこさ」を、「鳴かせてみせよう」と表現したのであれば、これも非常にぴったりだと感じます。

秀吉の「人たらし」は、信長も例外ではありませんでしたね。信長には自覚させないように…。
でも信長も希代の知恵者ですから、実はわかっていたはずです。

「本能寺の変」のきっかけも、信長が秀吉の知恵に応えてしまったのが運のつき…。
もし あのタイミングで、秀吉の言葉にのって、西日本に向かわなければ…?
信長が知恵者であるがゆえ、秀吉の知恵を理解してしまったのかもしれません。
秀吉も、信長が自分の知恵に応えてくることはわかっていたことでしょう。
信長にも、自身の知恵に対するおごりと油断が…?

誰しもそうですが、知恵に執着し過ぎると、ついつい身に危険が迫っていることに気がつかなくなってしまいますね。
くわばら、くわばら…。

信長と秀吉のあいだで、「知恵vs知恵」「心理vs心理」の巧妙なやりとりが、「本能寺の変」の少し前から始まっていました。
そこに、また別の思想の明智光秀がいました。
歴史とは、不思議な運命を人に与えます。

* * *

知恵者の秀吉からみれば、光秀は、たやすい人物だったのかもしれません。
ホトトギスを鳴かせるくらい、たやすい人物…?

情報戦の達人で、戦争上手の秀吉が、
日本各地の武将の動きややり取り、織田信長親子の動向を把握していないとは、到底 思えません。
信長の危機を予測できないはずはないようにも感じます。
この時の毛利との関係もかなり怪しい?
秀吉は、泣きながら笑える、笑いながら怒れる、そんな人物だったでしょう。
秀吉も、ある意味、その時を待っていたことでしょうね。

◇家康のホトトギスは、三方ヶ原から

さて、家康は…。

私は、若武者の頃の家康の中に、前述の二人のような、知恵をうかがわせるものは、ほぼないと感じています。
超短気、根拠のない自信、誘いにのりやすい短絡さ、ひ弱な一面、外見ばかり飾り立てる、人の言葉に惑わされてばかり…。
後述します「東照公御遺訓」を残すような人物とは、到底 思えません。
まして、天下など…。

幼少期の「人質」の時代も、どの程度の待遇や苦労だったのかも、本当のところ、よくわかりません。
どの程度の教育を受け、どの程度の頭脳レベルだったのかも、本当のところ、よくわかりません。
三河武士たちの団結力も、どの程度だったのかも、本当のところ、よくわかりません。
本当のことは、「徳川家の残した書物であれば、とてつもなく美化されているに決まっている」ということです。

何しろ、「神君」と呼ばれたのは、日本の歴史上、家康と源頼朝だけです。
歴史的にも、この二人ほど、配下の者たちから持ち上げられた人物はそうそういません。
今でいう、「忖度(そんたく)」は当たり前です。

「神君 家康様」のすぐ下には、酒井・本田・井伊・榊原の「四天王」がいて、もう12人を加えて「徳川十六神将」がいるのです。
神様と王様だらけです。どこかの「十六茶」でもあるまいし。
もう神道なのか、仏教なのか、よくわかりません。

ただ、今川家と織田家の板挟みの頃の若い家康は、苦労や困難が非常に多かったのは確かですね。
自身の奥さんや長男までも、外圧で死に追い込まれてしまいました。
それは人生観に影響しますよね。

この時代の有力武将たちのたいはんは、何らかのかたちで身内をむなしく亡くしています。
皆、何かを乗り越えてくるのです。

* * *

そんな家康ですが、ある時を境に、性格や考え方、行動が、大きく変化します。
武田信玄に大敗した「三方ヶ原(みかたがはら)の戦い」です。家康30歳です。
ここで家康の人生は終わっても、まったくおかしくありませんでした。

当時、日本最強軍団として考えられていた武田信玄が、家康という人間の性格や考え方のスキを巧みについた戦いでした。
一枚も二枚も上の、知恵と思想とチカラを持った武将だったのです。

その頃の家康は、「待てない」「知恵ない」「チカラない」の武将そのものでしたね。
普通の戦国武将でしたら、ここで一生は終わりです。
ですが、家康は、並々ならぬ「運」の持ち主で、不思議と生き残ります。
武田信玄が取り逃がしたとは考えにくいですね。まさに彼の宿命です。

「三方ヶ原」以降、家康は相当に勉強したことでしょう。
詳細は省きますが、性格や人物像が、ここから大きく変わっていきます。

ちなみに、家康が使った鉛筆というのも、現代に残っていますよ。
そのころヨーロッパから日本に初めてもたらされたといわれています。
家康は、日本の最初の鉛筆使用者だったのかも?
鉛筆をもって勉学に勤しむ家康…、どんな姿だったでしょうね。

* * *

家康の人間性や能力については、「変わった」部分と、「変えた」部分の両者があると思いますが、家康の人生には、その後も、いろいろな事柄が降りかかってきます。
幸運ばかりではありませんが、各場面で知恵が見事に発揮されます。
彼の知恵によって引きよせたものも、たくさんあります。
悪知恵と、とらえられるようなものも含めて…。

家康は、信長と秀吉の二人から、さまざまなものを直接 学べたと思います。
武田信玄という存在も、大きなものだったことでしょう。
優れた家臣にも恵まれていましたね。

◇関ヶ原までの道

有名な「関ヶ原の戦い」は、一日で決まったような印象を持つ方もいますが、それは単に最後の局面であって、実際には、何カ月もの準備と攻防戦が行われていました。
広い意味で、「関ヶ原周辺域での戦い」は、数か月におよぶ戦いです。

関ヶ原での決戦は西暦1600年10月21日です。
その頃の日本の暦では、慶長5年9月15日です。
西暦で話しを進めないと、現代人にはわかりにくいので、このコラムでは、西暦の日付だと理解してください。
歴史の史料とは異なりますので、ご注意ください。

戦国から江戸時代頃は、今よりも気温が低めですので、決戦日は、現代の11月終わりごろから12月にかけての気温に近かった可能性もあります。
関ヶ原は今でも、かなり雪が積もる地帯ですから、もう少し遅れたら雪の中だったかもしれません。
もちろん稲の刈り取り時期は避けます。

* * *

この一連の戦いの最初をどこに置くのかにもよりますが、
もし、家康軍が会津(今の福島県)の上杉軍を征伐するために、大坂を出発進軍するのを起点とすれば、それは1600年の7月中頃です。
決戦の3か月前です。
上杉と聞くと、今の新潟県を思い出される方も多いと思いますが、秀吉の命令で、今の山形県や福島県あたりに異動させられていました。

家康の会津への進軍は、石田三成をあえて決起させることが目的だったといわれていますね。ほぼ通説です。
ただし、この前段階の、石田三成と上杉軍による、徳川軍をはさみ打ちにする戦争計画の真偽はよくわかりません。
ですが、上杉軍の行動をみれば、そのとおりであろうと想像できます。
計画が、どの程度までの ち密さで、どこまで協力者がいたのかは不明です。

今思うと、石田三成も、上杉軍の参謀である直江兼続も、マクロの机上戦や交渉合戦は得意分野でしたね。
家康への、異常なほどの強気の態度もそっくりです。似た者どうし?

この家康側の会津攻撃軍には、真田正幸・信幸・幸村の親子三人がそろって参加しています。

* * *

8月には、徳川軍が守る京都の伏見城を、三成側が攻撃し奪取します。
島津と小早川は、この時は三成側の軍として戦います。
家康の家臣の鳥居元忠が、壮絶な死を遂げます。彼の血は、京都 養源院の「血天井」に残されていますね。
家康は、この時、島津を絶対に許すまいと思ったことでしょう。

同じく8月には、今の栃木県小山市での有名な「小山評定」が行われ、ここまで進軍してきた家康側は、栃木県から西日本に反転、移動を開始します。
家康の予定通りかと思いますが、上杉軍がいる福島県の会津を目前にした急反転です。
ここで、真田家は、正幸と次男の幸村が三成側に、長男の信幸が家康側にと、分かれます。もちろん両天秤戦略です。
真田幸村の奥さんは、後述します大谷吉継の娘です。

会津の上杉軍への備えとして、栃木県では、家康の次男の結城秀康に守らせ、三男の秀忠が徳川主力の大軍団を率いて中山道を通って関ヶ原方面に向かいます。
当時も現在もそうですが、大坂や名古屋方面から、関東方面や会津の東北方面に向かうには、東海道か、中山道のルートがあります。あとは遠回りの日本海ルートです。
三成と、上杉、信州上田の三成側の真田を分断させるには中山道をおさえるほかありません。
上田城攻撃にどの程度の日数をかけるのか、秀忠は、家康とあまり詰めていなかったのかもしれません。
この時期の中山道の困難さを、少し甘く見てしまったのかもしれません。
一応、台風シーズンは終わり頃ですが、大型台風とぶつかった?

家康は江戸に向かい、東海道を西に向かう予定です。
豊臣秀吉恩顧の武将たちは、家康より先に、東海道を尾張(今の愛知県)方面に向かいます。

* * *

9月頃、三成側は尾張や岐阜周辺に到着し、家康との戦闘準備をすすめます。
実は三成側の毛利軍は、9月に、静岡県の浜松あたりで、家康と決戦する計画でしたが、急きょ取りやめます。
あくまで計画です。もちろん、あの吉川広家も来ています。
浜松で家康と戦う?など、…あるわけがありません。

家康はまだ江戸を出ません。
家康が作戦を練りに練って、各地の武将と事前交渉を行っている期間です。
手紙を書きまくっていた期間です。
ですが、おそらく本当に大事な密約は、手紙ではなく、人を介した口頭で行われたことでしょう。
だから、かなりの日数がかかったと思われます。
重要な密約を、他人に漏れるような文字にしたり、歴史に残すわけがありません。
現代でも同じですね。
このあたりで、家康と吉川広家は何かを始めたのかもしれませんね?

この頃、先に進んだ家康側の豊臣秀吉恩顧の武将たち、黒田、福島、池田などは、家康の命令を聞かずに、勝手に尾張周辺で、三成側と戦いを始めます。
個人的な印象ですが、この段階で、家康は彼らをあえて自由に戦わせたようにも思います。
いや、もしかしたら「やめろ」と言いながら、実はお尻を叩いて指示を出していたのかもしれません。
毛利家の当主、毛利輝元は、この頃に吉川広家と相談して、家康側につくことを決断したともいわれています。
三成側の戦争下手を目の当たりにしたのかもしれません。

その後、毛利軍のいない三成側は大垣城あたりに集結しはじめます。
毛利軍には援軍を求めます。

家康は、この時点で、尾張にいる秀吉恩顧の武将たちに、自分が到着するまで動かないように命令を出します。
秀吉恩顧の武将たちは、素直に家康の到着を待ちます。
この頃には、勝利を確信した秀吉恩顧の武将たちもいたかもしれません。

* * *

さてさて、やっと10月7日(旧暦9月1日)、家康は江戸城を出発します。
重要な密約は、ほぼ話しがついたのでしょうか?
小山評定から1か月以上たちますね。
何しろ、日本各地の武将たちと、すり合わせをしなければ ならなかったでしょうから。

10月8日、三成側の大谷軍などいくつかの武将が、関ヶ原あたりにやって来ます。

10月9日、琵琶湖畔の大津城にいる京極(きょうごく)家が家康側につくことを表明し、三成側と戦いが始まります。
このあたりの京極家の事情は後で書きます。
その後、19日に三成側と和睦し開城します。なんと決戦の二日前です。偶然のはずはありません。
大津城のある滋賀県の大津市は、三成の本城があった彦根市とは、40~50kmしか離れていませんね。

10月13日、毛利軍が関ヶ原の南宮山(なんぐうさん)に着陣します。
もちろん吉川広家も。
この南宮山…大垣城の三成側の援軍もできるし、家康側の支援もできる、どちらも考えられる そんな絶妙な位置です。
三成は、どのように見ていたでしょう?

10月15日、家康は愛知県の岡崎です。16日に名古屋の熱田です。19日に岐阜です。
20日には岐阜県の関ヶ原近くの赤坂です。あえて、まだ関ヶ原には入らなかったのだと思います。

この4~5日間、秀吉恩顧の武将たちは準備万端、家康を待つだけだったことでしょう。

一方、徳川秀忠が率いる徳川主力大軍勢は、関ヶ原の決戦には、結局、間に合いませんでした。

各武将の思惑が交錯する石田三成側、生き残りに奔走する秀吉恩顧の武将たち、息子の徳川秀忠が戦場にやって来ないという想定外の出来事に頭を悩ます家康など、局面が二転三転しますが、終盤は、家康の計画通りに進みます。

◇日本各地の、もうひとつの関ヶ原


さて、信州(今の長野県)の上田では、10月に、いったんは降伏したはずの三成側の真田家(正幸・幸村)と、家康側の秀忠軍とのあいだで「上田城攻防戦」が繰り広げられます。
もちろん、秀忠率いる徳川主力軍を、関ヶ原に向かわせないよう、長野県に引きとめるためです。
真田信幸と幸村の兄弟直接対決は、あえて避けています。両天秤戦略ですから当然です。
信幸の、父 正幸への説得は不調となります。

東北では、10月15日、福島県の上杉軍が動きはじめ、東北の雄、最上(もがみ)軍と戦闘を開始します。
三成も事前に知っていたはずですね。
仙台の伊達政宗は、家康側として、すぐに最上の援軍にむかいます。
政宗は、当初、両軍が戦闘で弱ったところを、両方とも頂戴する予定だった気配もありますが、いろいろあってすぐに駆け付けます。

家康vs三成のかげで、東北は東北で、覇権を争っていました。この東北の覇権争いがなかったら、上杉軍は、どのような選択をしたでしょうか。
後の11月初旬に、関ヶ原の決戦の詳細が伝えられ、直江兼続率いる上杉軍は米沢に戻っていきます。

金沢の前田家も、上杉軍への攻撃に向かおうとしますが、三成側の大谷吉継のワナにはまり金沢に引き返し、関ヶ原の家康軍に加勢するため関ヶ原に向かおうとしますが、間に合いませんでした。
表向きには、大谷のワナにはまって遅れたとか、他にも諸説あります。ですが、あの前田家です。
この動きを、戦略的なものと考えても、まったく不思議ではありませんね。
前田家内部は、家康派と三成派で争い、戦略がまとまっていなかった可能性もないわけではありませんが…。

信長時代から活躍した名将の前田利家は、すでに亡くなっています。
偉大な名将なきあとの前田家は、トラブル続きです。
家康には目をつけられっぱなしです。
家康は、利家の死後、前田家をつぶしたくて仕方がありません。
利家が、もし関ヶ原のときに生きていたら、この戦いのカギは、毛利家ではなく前田家だったかもしれませんね。

伊達も、前田も、一筋縄ではいきませんね。
この機に乗じて、スキあらば、勢力拡大を考えていたことでしょう。

上杉のほうが、まだ、わかりやすい?
戦国時代は、強い武将ほど、ワナに はまったふりが上手ですね。
戦国時代の戦いでは、ワナにはめたつもりが、実はワナにはめられていたということが、山のようにあります。
現代人でさえ、歴史の史料にだまされそうになります。
子供たち…大人が残す歴史にはご用心!

上杉軍は判断を間違えたのか?
たしかに、東北は、京都や大坂、尾張あたりから相当に距離があります。正確な情報も入りにくかった可能性も考えられますね。
大坂の争いよりも、東北の覇権争いのほうが、切羽詰まった問題ではあったでしょう。
仙台の伊達政宗は、海を上手に使っていましたね。会津と米沢…若干、不利だったかも?
石田三成と直江兼続は、どこまでの関係性だったのでしょうか。
あの名門の上杉家が…、残念!(古いギャグで恐縮です)

四国では、このどさくさに乗じて毛利軍が勢力の拡大を進めますが、関ヶ原の結果により引き上げます。

九州の北部では、黒田官兵衛(如水)が、家康側として、三成側の武将を撃破していきます。
息子の長政は、関ヶ原で家康側として大きな役割を果たします。

九州の熊本の加藤清正は、家康といろいろあって、上杉攻めにも関ヶ原にも参加させてもらえませんでした。
九州の地で、家康側として、三成側の小西などの勢力を撃破します。

官兵衛と清正、歴史にその名をとどろかす名武将です。
家康の力量を見間違えるはずはありませんね。

他にも、日本各地で、関ヶ原の決戦に関連した戦闘が繰り広げられます。
「関ヶ原」と特定の地名はついていますが、時を同じくして、東北、信越、北陸、関東、近畿、四国、九州など、ほぼ日本全土を巻き込んだ、それぞれの陣営に分かれた大規模な戦争だったのです。

日本各地で同時に繰り広げられた、二大陣営の壮大な規模の戦争は、歴史上でも、そうそうありません。
家康と三成の両者が、あえて広範囲の規模に拡大させたといえますね。

◇いざ決戦へ

さて、10月20日、小早川秀秋が、もともといた武将を追い出して、松尾山に着陣します。

同じ日、三成側の主力が、大垣城から関ヶ原に移動し着陣します。

決戦当日の10月21日に、家康は関ヶ原に移動します。

合戦の所要時間は諸説ありますが、おそらく2時間から、せいぜい8時間あまりの間かと思われます。
朝から始まって、昼過ぎには大勢が決まったといわれていますね。

決戦の日までの前段階の序章の長さに比べると、決戦自体は、あっという間に終わってしまった印象です。
後世の傍観者としては、もう少し期待していたのですが、残念!
三成は一か月も前に尾張に来ていたのに、家康が関ヶ原近くに到着して、次の日には決戦が終わったということです。

日本各地で戦っていた武将たちも、関ヶ原という本決戦の場所で、家康がここまで圧倒的優位のかたちで「決戦の日」をむかえていたとは想像しなかったことでしょう。

ですが、歴史に名を残す名武将たち、黒田官兵衛、加藤清正、伊達政宗などは、家康という人物のことを、よくよく知っていたはずです。
彼らが、こぞって家康側に加勢したことは事実です。
毛利が最後に家康と手を組んだことは、決定的な意味を持ちますね。
武田軍は滅んで、すでに家康の家臣の井伊軍に吸収されていますし、上杉軍は生き延びますが、後にかなりの縮小となります。

三成側の武将たちはもちろん、選択をあやまった者たちはの末路は悲惨…。
でも、武将の生き方は、生き残ることだけではなかったのも事実ですね。
武将と武家、なかなか、むずかしい選択です。

◇もうひとつの関ヶ原(最終兵器の松尾山5軍団)

ここからは、「関ヶ原の戦い」について、ある程度の基本的な知識のある方にむけたお話しになることを ご容赦ください。

「裏切り」というキーワードが数多く登場する「関ヶ原の戦い」ですが、不可思議な点も多いですね。

テレビの大河ドラマなどでは、たしかに、戦いの最中に、お殿様が迷って迷って裏切るほうがドラマチックで、ストーリーとして面白くなります。
ですが、歴史上の実際の戦争では、戦場で戦いの最中に、有力大名クラスが こんなことをするとは、聞いたことがありません。
だいたい事前に決定し準備しないと成功しないのです。
下級の武将や雑兵クラスなら、現場での裏切りは頻繁に行われたようですが、大軍団のトップが行うのはリスクが大きすぎます。

信長の場合は、戦闘中に、もし敵の中から自分のほうに寝返ってきても、その武将はすぐに首をはねました。
この時代は、戦闘前の交渉での寝返りと、戦闘中の寝返りとは、あきらかに処遇が異なります。
勝敗の様子を見て現場で裏切るような人間を、誰が信用するでしょうか。

* * *

テレビドラマのように、「関ヶ原の戦い」のその戦闘中に、小早川秀秋が寝返りを最終判断したとは、到底 考えられません。
個人的には、家康が、あのタイミングまで小早川を動かさなかったと思っています。

ウルトラマンが、怪獣を弱らせてから、必ず勝つという瞬間に、必殺のスペシウム光線を繰り出すようなイメージです。
演出とはいいませんが、どこの世界に、必殺技を最初に繰り出す人がいるでしょうか。
信長や信玄も、よくこの手法を使っていた印象があります。

家康からしたら、毛利軍のひとつの小早川家に戦闘でダメージを与えることは避けたいですよね。
あえて、怪我無く、お手柄を差し上げたようにも感じます。

* * *

「実際に、三成側の多くの武将たちの中には、この小早川の寝返りを見て、寝返りを決断した者も多くいました。」
と、よくドラマや解説では描かれますが、私はこれも疑問です。

三成は、小早川の裏切りに備えて、小早川の陣地の松尾山のふもとに、脇坂、朽木、赤座、小川の4隊を置きました。
三成が布陣させたというよりは、彼らが、「小早川の寝返りに備えます」とか何とか言って、勝手に配置についたのではないかと思います。
あるいは、小早川も含め、このあたりの三成側の5軍団の配置は、家康の指示だった可能性が高いとも思っています。
おそらく…。

脇坂とは、あの「賤ケ岳の七本槍」の七人のひとり、脇坂安治です。
このれほどの武功をあげた人物が、三成側にまわるはずがありません。
当初から、三成側に潜り込んでいた家康側の有力武将とも思われます。ほかの三人も同じでしょう。

ちなみに、秀吉のもとで武功をあげ大活躍した「七本槍」の七人の武将のうち、結果的に六人が家康側につきました。
さらに豊臣五奉行の中で、戦に強い、武将らしい武将は浅野長政だけだったのかもしれませんが、彼も完全に家康側です。
あとの四人は、いわゆる事務屋さんですね。
五大老の中の実力者の家康と毛利輝元が手を組み、前田利家はすでに亡くっています。宇喜多秀家は、他の大老からみたら、いわゆるペーペーです。
使い走りの秀家は、大先輩の家康や輝元に、不満も多かったことでしょう。
上杉景勝は、東北でひとり孤立です。上杉謙信の上杉家を継いだ者として、引くに引けない何かがあったでしょうかね?まったくの判断ミスです。
こんな状況で、誰が三成に味方するでしょうか。

* * *

さて、前述の脇坂を含めた4人の武将は、小早川の攻撃開始とともに、一斉に振り向いて、三成側の大谷吉継を猛攻撃しました。
この合戦の場にいた、家康側のすべての武将たちは、予定通りと思ったことでしょう。
家康側の福島、藤堂、京極が、この5軍団のすぐ目の前にいたとは、そういう意味だと思います。この5軍団とは、つながりも深い仲です。
それに、あの城づくりが得意の藤堂高虎です。この戦場の地形に手を加えた可能性はなかったでしょうか?

家康軍の中の進行方向右側(北側)の軍は、黒田長政、細川忠興、加藤嘉明などで、相対する三成側は、三成本人とほぼ身内だけ、それと動かない島津義弘です。島津の話しは後で書きます。
三成は、家康側のこれらの部隊に攻撃されて身動きができないような状態か?

家康軍の真ん中の重要ラインには井伊直正、田中吉政、筒井定次、結城秀康(家康の次男)の長男の徳川忠直、徳川忠吉(家康四男)、そしてその後方に家康。
ここには家康の信頼の厚い、かつ戦いの精鋭たち、三成の情報やこの地域のことに明るい者たちで固めてあった気がします。
最強の家臣、本田忠勝は、いざとなったらどこの部隊にも支援にいけ、また家康を最後まで守る役目か?
家康の後方には、池田輝政や山内一豊などの信頼の厚い武将たち。
後述しますが、最初から、この後方部隊は毛利軍の攻撃に備えたものとは考えにくいです。

家康軍の中の左側(南側)は、福島正則、藤堂高虎、京極高知など、血気盛んな歴戦の猛者たちです。いわゆる「熱い男」たちだと思います。
三成側の小西行長、宇喜多秀家、大谷吉継などの三成側主力軍は、彼らと戦うことになります。
三成の位置が、少し離れていたことは、個人的には疑問です。島津を気にしすぎたのか?

家康側の大きく分けて三つの編成には、因縁、気性、人のつながり、知性、戦法、兵力など、すべてを考慮した見事な人選と陣形だと思います。

そして、この戦いの様子が、展望台からの眺めのように、すべて観察できる場所が、松尾山の小早川秀秋の陣です。
本来は、三成が陣をおくような重要な場所のはずです。
小早川は、三成、宇喜多、小西、大谷の苦戦を、しっかり見ていたと思います。
小早川を含めた この5つの軍団が布陣した松尾山一帯は、三成側の軍を真横から攻撃する、まさにベストポジションです。
おそらく家康の合図を待っていたことでしょう。
そして、合図とともに、この5軍団が南側から、三成側の大谷や宇喜多の横っ腹に猛攻撃を仕掛けたことでしょう。
この時点まで、おそらくこの5軍団は戦闘をしていないと思います。だから、元気いっぱいです。

この5軍団が一斉に三成側に攻撃を開始するとき、それは、もう必殺の最終兵器の投入です。
家康側のほかの味方にとっては、もうひとがんばりのチカラが沸いてきますね。
福島正則あたりなら、歓喜の雄たけびをあげたことでしょう。
「とどめだ~!」

家康は、最強の戦場演出家です。
家康は、三成とは異なり、「実戦とは何なのか」を熟知している気がしますね。

今思うと、三成側の陣形とは、家康がつくったものだとも感じてしまいます。
敵側に陣形をつくられるなど、日本史の他の戦争では、聞いたことがありません。
家康対三成なら、不可能ではないと思いますが、おそろしい家康です。

このあたりの小早川以外の4軍団の動きは、テレビドラマでは、ほとんど登場してきません。
個人的には、結構見せ場だと思うのですが…。
三成がいた笹尾山から見たら、この5軍団が、松尾山という巨大な山が、ひと塊りとなって、そのまま山崩れのように襲いかかってくるように見えたことでしょう。ほとんど、なすがままの土石流のように…。

前に、戦闘前からの寝返りと、戦闘中の寝返りは、処遇がまったく違うと書きました。
この5軍団には、ご褒美がしっかり出ました。

* * *

家康にとっては、この「決戦の日」は、通過点だったことでしょう。
その直後からの、あまりにも膨大な量の対応にも、迅速で、的確な指示を家臣に行っています。
進軍スピードも、尋常ではありません。まさに迷いなく、計画通り。
「決戦の日」の勝利は単なる通過点だったようです。
「本能寺の変」の後の明智光秀の行動の遅さとは、雲泥の差です。
秀吉といい、家康といい、天下をとる武将は、目的達成とみるか、通過点ととらえるかの違いは大きいのかもしれませんね。

◇もうひとつの関ヶ原(その名を遺した大谷吉継)

それにしても、大谷吉継ほどの人物が、なぜ三成側についていたのか?
もともとは、完全な家康側の人間で、家康と三成の悪化した関係性を仲裁しようとした人物です。

前に、小早川を含む5軍団の話しを書きましたが、実は6軍団であった可能性はないだろうかとも思います。
戦況のなりゆき上、寝返るタイミングを逸したか、何か思うところがあったかもしれません。
まして、彼はこのとき、不治の難病と闘っており、すでに失明していたそうです。
それはそれは、音だけで正確な状況判断はできませんね。
他の5軍団との関係性は、私はよくわかりません。

吉継は、三成とはかなり親しい友情関係にあり、三成の欠点を本人にさとすことができる数少ない人間だったようです。
吉継は、三成に、「勇気が足りない、決断力が足りない」と、彼に指摘していましたね。
ただ、吉継は、家康とも関係がよく、家康という人間をかなり高く評価していました。
さまざまな周囲から、かなり人望の厚い人物であった可能性があります。

勝者がどちらで、どちらが勝利するほうが、世の中のためなのかも、おそらく理解していたはずです。
三成をひとりで死なすことも、良しとは思わなかったかもしれませんね。

難病ということもあり、ずっと前から自身の死に方を考えていたことでしょう。
彼は、秀吉が毛利と戦った「備中高松城の水攻め」での清水宗治の潔い死をその目で見ていたはずです。
敗者となっても、彼のように、後世に慕われる武人として名を残したいと考えても不思議はない気もします。

三成側の有力武将は、三成をはじめ、ほとんどが戦場から逃亡します。
吉継だけは、この戦場から逃亡はしませんでした。
三成を評した「勇気が足りない、決断力が足りない」とは、真逆の人物です。
壮絶な自刃ですが、清水宗治のように、しっかりその名は歴史に残りましたね。
ある意味、彼の願いは叶ったとも思います。

彼の自刃後の、彼と家臣との熱い関係性を物語るエピソードも、人望の厚さを想像させます。
これも、ドラマでは欠かせないシーンとして登場しますね。
「三年以内に、たたってやる…」のお話しは、私は信用していません。

三成の死よりも、はるかに立派な最期の瞬間でした。
最期の三成の柿の逸話など、吉継とは比較になりません。真偽のほどはわかりませんが…。

* * *

吉継は、多くのNHKの大河ドラマファンのあいだでも、主人公として切望される武将と聞きます。
もちろん、これまでも、大河ドラマの中では何度も登場しており、その時代のいわゆる「イカしたカッコいい」俳優が抜擢されています。
いかんせん、ドラマの途中から顔が頭巾で隠され、目のあたりしか見れなくなるのが残念です。難病による顔の変形が隠されていたからです。
おまけに歩けないので、人が担ぐ みこし形状の乗り物に乗りっぱなしです。
大河の主人公にするには、いくつかのハードルがありますね。

この難病…、420年後の現代、おそらく近いうちに国のある判断が決まると思います。
ハードルをひとつ越えることになるのかもしれません。
たいへんな難病でも、こんなに勇敢で、人望を集めた武将がいたことは、日本の誇りなのかもしれません。

◇もうひとつの関ヶ原(島津の覚悟)


三成側の島津は、ギリギリで、内外に裏切りではないと言い訳できるかもしれません。
しかし、開戦当初から、関ヶ原全体の布陣を見て、この戦場からどうやって脱出するか、ルートは、タイミングは、だけを考えていたことでしょう。
島津は戦争上手です。この決戦の状況を、早くから理解していたはずです。
ただ前日まで、毛利の出方を完全に確信できるほどの材料もなかったかもしれません。
当日の朝の家康の場所を見て、ほぼ確信したことでしょう。
本日は脱出なり!
最終的に、島津は、大きな犠牲を払いながらも、大将の島津義弘を逃がすことに成功します。

島津はもともと、家康側につこうとしていたようですが、ちょっとした行き違いで敵になったともいわれています。
島津家の当主は島津義久で、いろいろな事情で鹿児島にいたままです
義久は、関ヶ原にいる弟(厳密には親戚)の義弘に援軍を送りません。家康側であるのは間違いありません。
兄弟間でも、何かの行き違いがあったようです。
ある意味、この家も、結果的に両陣営に人材を送り込んだかたちになっています。

九州は戦国時代でも、指折りの激戦地帯です。
島津義弘は、歴戦の猛者として知られていました。
この戦場からの脱出方法が、これまた すさまじいものです。

* * *

「関ヶ原の戦い」の決着がほぼつきかけるまで、島津は動きません。
三成側の兵が逃げはじめ、相手の家康側の兵が疲れて動きがにぶる瞬間を待っていました。
猛烈な勢いで、家康本陣方面めがけて突進します。家康側は、不意を突かれて、なかなか止められません。
家康本陣の近くを通り過ぎ、伊勢方面の街道に逃げていきます。
後方に逃げるのではなく、前方に向かって逃げるとは、さすがに歴戦の猛者です。

おまけに、味方を段階的に犠牲にする捨て身の撤退戦法です。
徳川軍の名将、本田忠勝や井伊直正でさえ負傷してしまいます。
それを見て、家康は追撃を断念します。

この劇的な脱出シーンは、関ヶ原最後の名シーンとして、テレビドラマでは、よく登場しますね。
鹿児島にいた当主の義久と家康は良い関係にあり、その後の、島津家の交渉の粘り強さともあいまって、義弘は許されます。
さすが、九州の雄、島津家です。

この関ヶ原での脱出劇は、島津家の宝として後世に語り継がれたことでしょう。
島津義弘を関ヶ原で取り逃がしたことを、家康だけが最期まで悔やんでいたといわれていますね。
三百年後、家康の予感は的中します。

◇もうひとつの関ヶ原(悲劇の小早川秀秋)

関ヶ原での、小早川の動き出すタイミングと結果を見て、これが予定調和でなくて何なのかと思います。

時は戦国時代です。
毛利、真田など、誰が勝っても、最終的に自分たちの家は生き残るという両天秤の戦略も当然あってしかるべきですね。

歴史的に、有力武将の中で小早川秀秋だけが「裏切り」となっていくのは、別の政治的な動きではないかと思っています。
恐ろしいまでの家康の政治力です。

よくテレビドラマの中では、関ヶ原の戦いの最中に、業を煮やした家康が、小早川の陣に鉄砲や大砲を打つという内容が出てきます。
こんな話し、到底 信用できません。
いつの時代でも、自分の味方に砲撃するなど考えられません。一発だけだって危険過ぎます。
こんな「一か八か」のような賭けを、家康が戦場で行うはずがありません。

ただ、家康から、小早川の進撃の合図を知らせることは、伝えてあったはずです。
その手段として鉄砲や大砲などを使った可能性はないとはいえませんが、実際の戦場で、ドラマのような使用は考えられません。

でも、テレビドラマであれば、この場面、最高の演出ではありますね。
現実離れし過ぎているようにも感じますが、テレビドラマに入っていてほしいシーンではあります。
後世の見物人は勝手です…。

でも、家康の恐ろしさはここからです。
秀秋にとっての「関ヶ原」は、まだ終わっていないのです。

* * *

それにしても、いつの時代も、したたかな政治家はしっかり生き残りますね。

小早川秀秋は、数年後21歳の若さで、今でいうアルコール依存症で亡くなったといわれています。
相当にノイローゼ状態だったのかもしれません。

前述の、関ヶ原の戦場での、家康側からの小早川の陣への砲撃の逸話ですが、
なぜ、5軍団のうち、小早川だけに、こんな真偽のわからない話しが残っているのでしょうか。

私が想像するには、後に、秀秋の裏切りを内外に強く喧伝するための材料として、「お殿様が、家康の恫喝に驚いて、思わず裏切りに走った」などと ふれまわるには、非常に都合のいいお話しです。家康の事前の根回しの交渉を否定することにもなります。

家康は、数年後に、「大坂の陣」のきっかけとなる「方広寺の鐘銘事件」を、自らの手ででっち上げ、戦争への道をひらきます。
これは「言いがかり」ではなく、最初から捏造した事件です。
小早川の陣へ砲撃の話しも、これによく似ている気がしないでもないです。

実際のところは、よくわかりませんが、関ヶ原の戦場での砲撃のお話しも、徳川が政治的に作った話しではないかとも思っています。

* * *

もともと、この秀秋は、豊臣家の元である木下家の生まれで、小早川家の養子となります。
ですから、豊臣家そのものの出自です。小早川の人間でも、毛利の人間でもないのです。
豊臣家からみたら、どんな理由があろうとも、立場上、裏切りに近い状況とはいえますね。
何しろ、近親者なのですから。

公式的に、「関ヶ原の戦い」は、徳川家と豊臣家の戦争ではありません。
一応、形式的には豊臣家の家臣どうしの戦争なのです。
養子に出されたとはいえ、豊臣一族(木下家)出身の武将が徳川家に味方したのは間違いありません。
豊臣家からみたら、「秀吉様のかつての敵に味方したのか」となりますよね。

秀秋は、毛利家の家臣の小早川家に養子に入った、豊臣出身の人間という、複雑な立場の人間です。
家康が、毛利家の中にある、ここに目をつけたのは間違いありませんね。

過去には、木下家出身の武将たちが豊臣秀吉によって処刑されてきました。
これには三成がかなり陰謀をめぐらせ関与しています。
秀秋も、三成の人間性を知っていたはずですし、本人も他家に養子に出された不安定な立場です。

秀秋は、したたかな政治家として、戦国時代を生き残っていきたかったことでしょう。
でも、家康にとっては、この出自は非常に気になるところですね。

毛利一族の小早川家も、豊臣一族からの養子など、後々、面倒な存在になるだろうと考えていたことでしょう。
前述の、関ヶ原で家康から砲撃で恫喝されたというお話しとあいまって、小早川家から消滅させたい存在だったのかもしれません。
「裏切り者」として、責任を秀秋だけに押し付けてしまうのも容易にできるでしょう。
秀秋は、失意の中、早世してしまいます。
暗殺でなくとも、うつの状態にもっていくのは難しくなかったでしょうね。

家康は、「秀秋」の複雑な立場と、「裏切り」という言葉を、上手に利用したということですね。
小早川家も、それに乗ったのかも。
小早川秀秋も、戦国時代に振り回された悲劇のひとりですね。

◇もうひとつの関ヶ原(三成を大垣城に…)

関ヶ原での武将たちの最終布陣までの流れを考えて、予測できなかった石田三成に落ち度があったとしか言いようがありません。
三成側の最終的な布陣は、どう考えても、皆で入念に相談したものではないでしょう。
まして、三成の陣の周辺は、信用できるものだけが固まっている、袋のネズミ状態にも見えます。

決戦の10日ほど前の、毛利軍の着陣位置が怪しい段階で、なぜ三成は、いったん仕切り直しをしなかったのか。
一応、三成側の軍の総大将は、毛利家当主の毛利輝元です。
三成は、この軍を引っ張った人物ですが、総大将ではありません。
当然、三成は輝元に、「総大将、あなたは怪しい」とは言えませんね。

その軍のトップの総大将が裏切っていたなんて話は、カッコ悪くて、歴史にも残せない話しです。でも、ときどきあります。
三成は、毛利軍の勝手な着陣を止めることはできなくても、プランの変更を提案するくらいはできたはずです。

大津城の京極家の動きは、最初からかなり怪しいですし、なぜ、プランの変更をしようとしなかったのでしょうか。
おまけに大垣城からの逃亡脱出の自身のプランも見受けられません。

この時の大垣城の中では、何が話し合われていたのでしょうか。
私の推測ではありますが、実は家康側のスパイの武将が何人か入っていて、話し合いをかく乱したのでは思っています。

前からいた武将を突然追い出して、小早川が勝手に松尾山に着陣したのは、決戦の前日ですから、もう間に合いません。

家康は、大垣城の内外に、家康側となっている有力武将を何人か配置したと読んでいます。
戦国時代には、実はよくあるケースです。
私の読みでは、大坂城内の片桐且元も、その役目と思っています。
先ほど、「賤ケ岳七本槍」の脇坂安治のことを書きました。
片桐且元も、実はその七本槍のひとりです。

家康は、大坂城で、片桐且元に、淀君を引き止めさせ、
大垣城で、脇坂安治あたりに、話し合いをかく乱させ、三成を引きとめさせたのではないかと、私は想像しています。
戦国時代の武将の戦略としては、めずらしくないことですが、相手がこれだけの人物ということは、まずありません。
役割分担も絶妙。
そうであったなら、心底 恐ろしや 家康様!

関ヶ原の決戦の直前まで、三成を大垣城にとどめさせたことは、家康の第一段階の勝利です。

* * *

では、 三成が、どうして大垣城から関ヶ原に移動したのか?

家康の、絶妙な「おびき出し」作戦以外の何ものでもないでしょう。

三成の関ヶ原への移動の理由は、諸説ありますね。
テレビドラマでよく出てくる、「家康が三成の本城の佐和山城を攻める」というニセ情報を流したというのは、ドラマの中で簡単に短時間で理由づけするにはもってこいです。
でも、こんな簡単な理由であるはずがありません。
それに、この密約の状況で、そんなニセ情報に何の意味があるのでしょうか。
テレビドラマは、少し簡略化しすぎですね。
私は個人的に、ここが、関ヶ原の決戦のカギだと思っています。

おそらく、それは恐ろしく練られた「おびき出し作戦」があったと思います。
これには、小早川秀秋の打合せ通りの行動が関係していると思われます。

◇もうひとつの関ヶ原(三成を関ヶ原に…)

家康は、決戦の日の5日前に、今の名古屋に着きます。
2日前に、岐阜に着きます。非常にゆっくりです。
ようするに、大垣城の周りをなめるように、名古屋から岐阜をまわって大垣城の北側をゆっくり通って、関ヶ原に行くような素振り、でも関ヶ原の少し手前の大垣城が見えるあたりで止まるのです。それが決戦の前日です。
この いやらしさには身震いしますね。おそらく、三成によく見えるように進軍したことでしょう。
戦国時代とは、こうやって心理戦を戦うのだと実感します。

この動きを見せられたら、三成は、もう いてもたってもいられませんね。
家康が、この時に、どれだけの恐怖感を三成に与えたか、想像を絶します。
ちょっとだけ、三成の気持ちになってみます。

* * *

いったい何が起きている?
家康は、なぜ城の周りをまわっている?
関ヶ原に本当に向かうのか?
なぜ、家康はすんなり関ヶ原に向かわないのだ?
関ヶ原に家康を誘い込んで、我々と毛利軍、関ヶ原の軍で、囲めないではないか…。

南宮山の毛利からは何も言ってこないのか?
毛利は本当に味方なのか、それとも敵なのか?

松尾山に小早川が着陣しそうだと…約束がちがうではないか。
それじゃあ、小早川も敵なのか?

いったい、毛利の連中は、何を考えている?

もし毛利が敵だとしたら、大垣城を取り囲まれて、我々が総攻撃を受けてしまう…。
でも、和佐山城に戻る余裕もない。それに、佐和山付近には敵が待ちかまえているはず…。

関ヶ原決戦案の布陣を少し変更することになるが、危険な大垣城をあきらめて、自分が家康より先に関ヶ原に向かうしかない…。
関ヶ原にいる信用できる仲間と早く合流して、すぐに陣形をつくって家康と決戦するしかない…。
毛利、小早川と、もう話しをしている暇はない。彼らを信じるしかない…。

* * *

私の勝手な想像ドラマです。
家康は、迷っている時間を三成に与えてくれません。
三成が逃亡するにしても、もう関ヶ原方面しか行く道がありません。
中山道方面からは、秀忠が向かっているはず。大垣の南も北もおさえらています。
「どうぞ、三成さん、関ヶ原への道が開いていますよ」という家康の声が聞こえてきそうです。

三成の関ヶ原への移動日から考えても、決戦前日の小早川の松尾山奪取の動きで、裏切りは確信に近くなり、かなり動揺したかもしれません。
毛利軍の動きも、三成は信用していなかったでしょう。

南宮山と松尾山、家康軍のはさみ打ちにならないように、両山の横を通り過ぎ、先に関ヶ原に行って家康を待ち構えるしか道はないと考えたかもしれません。
三成のことです。自分自身の死に場所を潔く覚悟したとは思えません。
何が何でも、生き残るチャンスに賭けたと思います。
というより、まだまだ勝機はあると考えていたのかも…。

* * *

三成が前日にすんなり移動できたことも、家康のワナのうちだったかもしれません。
家康は、三成の頭の中を、確実に読んでいたことでしょう。

家康は、前日には、三成が着陣した場所、各武将の布陣を、確認したはずです。
「そちらがそのかたちなら、こちらはこう攻めよう」と布陣計画を再構築したと思います。
まさに、武田信玄のような柔軟で迅速な機動力です。

三成は、松尾山を小早川がおさえている以上、これより他に陣形はなかったと思います。
三成自身が、家康にコントロールされていることに気がつく、余裕も時間もなかったことでしょう。
三成は、ひょっとしたら、最後まで、自身の知恵で組立て、コントロールしているものと思っていたのかもしれません。
織田信長が、桶狭間で、今川義元にしたように…。

* * *

個人的な想像ではありますが、家康の決戦計画の概要を想像してみました。

(1)三成を前日まで大垣城にとどめさせます。
(2)家康よりも先に、三成を関ヶ原に行かせて、急ごしらえの布陣を敷かせます。
先に行かせるに当たっては、毛利と小早川が裏切ると疑念を抱かせた上で行かせなければなりません。
そうしないと、関ヶ原の野原の西側の隅に布陣しないからです。
ただ、完全に確信させてしまったのでは、逃亡されることも考えられます。
一応、その場合の手は打ってありますが、三成には、関ヶ原で家康と戦う意欲を持たせたままにしておかなければなりません。
そして三成に急ごしらえの陣形をつくらせるのです。
家康の計画通り、三成は、松尾山への備えの4部隊を小早川の目前に配置します。
南宮山と松尾山の軍勢はすでに家康の味方であり、松尾山の5軍団は決戦時の最終兵器です。
南宮山の毛利は黙って見ていてくれれば、それでいい。

あくまで、想像ドラマです。

* * *

特定の場所に先に行かせるという「おびき出し」作戦ですね。
家康側には、野原で戦争するかたちの「野戦」が得意の、日本史にその名を残す「歴戦の猛者」たちが、勢ぞろいしています。
三成側には、島津を除いて、ひとりもいません。
この戦術については後で書きますが、信長の「長篠の戦い」と「桶狭間の戦い」を足して、2で割ったような「おびき出し」戦術です。

もし、決戦当日のこの全体像を、家康が、最初から想定していたのなら、実は秀忠軍がいなくても勝利できます。
その後の徳川支配の様相は少し変わってしまうかもしれませんが、勝利はほぼできます。
秀忠軍には、「大坂の陣」というチャンスが、まだ残っています。

さまざまなリスクのある深い山中の中山道を通ってくる秀忠軍ですから、家康は、最初からそんなリスクにも備えた可能性も考えられます。
家康につかせた家臣、秀忠につかせた家臣…、今考えると、絶妙な家臣の人選です。
秀忠は、自身の名誉回復においても、ついてくれた家臣に感謝したことでしょう。
人選とは、「働き」がいいかどうかだけではないということを、教えられます。
もし、そうであったなら、家康は、どこまで慎重で、想像力豊かなことでしょう…。

この時点でも、もしかしたら、三成はまだ、自身の負けを予測できていなかったのかもしれません。
リスクは非常に高いですが、まだ、軍まるごとの逃亡もできました。

家康は、その場合に備え、さらに西側の場所で戦う計画もたてていたかもしれません。
最終ラインは大津だったと思います。それなら、秀忠軍も間にあったかもしれません。
あらゆる可能性を考え、どんな状況にも対応できるよう、相当に柔軟な家康の計画だったのではと思います。

* * *

関ヶ原の決戦当日の三成側の陣形は、もう勝者の陣形ではありません。
信用できそうな仲間だけ、固まって横に並んでいるだけです。
毛利の南宮山と、小早川らの松尾山周辺を除いて、三成側は急ごしらえのような配置です。
この時点で三成側のはずの松尾山周辺の5軍団は、本当は家康側です。

あの慎重な家康が、当初着陣した場所も、移動した場所も、もう絶対の自信だったと思います。
松尾山周辺が三成側だったら、この家康の場所は考えられません。

三成自身は、逃げやすいような場所に布陣しているようにも感じます。
慌てて、三成の身内だけで固まっていたとも考えられます。
最後の味方の宇喜多でさえ信用していなかったのか。
「毛利さん、小早川さん、どうか心変わりして…」と、叶わぬ願いを神に祈っていたのでしょうか。
まさか、そんなことは…。

歴史上には、数々の名戦が残っています。
この「関ヶ原の戦い」は、「天下分け目」と呼ばれ、最も有名な戦かもしれません。
家康のすごさはもちろん感じますが、その敵としての三成の戦いぶりは、あまりにも貧弱です。
三成を、戦国武将と扱っていいのでしょうか。
平和な時代であったなら、政治力のある、それなりの御大名だったでしょうが…。

◇もうひとつの関ヶ原(必勝の戦術)

この家康の戦い方…誰かに似ています。

織田信長の得意な戦術です。
敵を、「進むのも地獄、下がるのも地獄」の状態に追いつめてから、特定の場所にくぎ付けにした相手を、しかるべき場所におびき出し、身動きできないところに大打撃を与えて、せん滅させる戦い方です。
「関ヶ原の戦い」は、信長が武田軍を長篠の決戦場におびき出した「長篠の戦い」の戦法に似ている気もしますね。

まさに家康は、「長篠の戦い」の当事者です。
信長の恐るべき戦術を、すぐ近くで目の当たりにしています。

信長は、そのために、多くの鉄砲と、多くの馬防柵と、広い沼地を長い期間をかけて用意しました。
転々と移動する信長の部隊戦術もすべて、強力な武田の騎馬軍団をある場所に囲い込むための作戦です。

信長は、しかるべき場所に先に行き、武田軍がやって来るのを待っていました。
その日、信長側に尻を叩かれた騎馬軍団が、そこにやってくるのです。
そして騎馬軍団を、馬が動きにくい場所にとどめさせ、前進しかできない騎馬軍団を、一隊ずつ料理していきます。
それでも、善戦したのですから、武田の騎馬軍団もさすがです。
何とか、大将の武田勝頼を戦場から逃がすことには成功します。
もちろん、この戦いの数年前に、武田信玄は亡くなっています。

信長の、今川義元を撃破した「桶狭間の戦い」も、ほぼこのイメージに似ていますが、若干違います。
今川は自分たちが地獄の状態であることさえ気がついていません。
信長は、おとりの城さえ作ってあります。待ち伏せではなく、敵を、しかるべき場所に先に向かわせたのです。
大雨が降る時間もほぼ確実にわかっており、その時を待っていました。
そして信長は、先に行かせた敵がいる、そのしかるべき場所に、大雨の音にまぎれて気配を消しながら向かうのです。
信長は、地面の土も、道路も、天候も利用しました。

桶狭間は、しかるべき場所に先に行かせる。長篠は、しかるべき場所で待っている。
そんなイメージです。

* * *

「関ヶ原の戦い」には、しかるべき場所に敵を先に向かわせるという「桶狭間の戦い」のような要素も感じますし、その場所に来るのを待っているという「長篠の戦い」の要素も感じます。
家康は、どうやって「関ヶ原」での戦術を考えついたのでしょうね?

「関ヶ原の戦い」は、信玄、信長、秀吉の強さをも感じるような、彼らの手法を受け継いだ、戦国時代の「野戦」の戦い方の最後の集大成のようにも感じてしまいます。

これ以降の大きな戦闘は、「大坂の陣」くらいしかありませんが、これもまた、違う知恵と戦法が使われます。
真田幸村はさすがに、あっぱれな敵でしたが、これも「冬の陣」と「夏の陣」という壮大な二段構えの城攻め作戦です。
こちらは、戦国時代の「城攻め」の最後の集大成のようにも感じます。
秀吉の「城攻め学」を、家康は相当に学んだことでしょう。それが大坂城で使われるとは、何とも皮肉です。
こんな壮大な城攻めは、家康以外には、おそらく実現できなかったでしょう。

ちなみに、「大坂の陣」での真田幸村の「死にざま」…、清水宗治、大谷吉継をきちんと継承しているようにも感じてしまいますね。
これも、武将の生き方のひとつですね。

◇もうひとつの関ヶ原(大軍団の影)

家康にとっては、息子の秀忠が率いる徳川軍の主力戦力が間に合わないということ以外は、ほぼ思惑通りに進んだとも考えられます。
今から考えると、準備時間をたっぷりかけていますね。
予想外の徳川主力軍がいない状況から、短期間で、よくここまで戦略変更できたものです。
この心理戦と政治力。すごいとしか言いようがありません。

私は、ふと思うことがあります。
もし、秀忠率いる徳川軍本体の大軍勢が間に合っていたら、はたしてこの関ヶ原の場所で戦闘は起きたであろうかと。
毛利との交渉は、どのように展開したであろうかと。
戦況不利とみて、三成側が、無理にでも軍を関西まで後退させた可能性はないだろうかと。
三成が、地元の琵琶湖と城を上手に使って、逃げ道も確保してから、戦闘しようとは考えなかったであろうかと。

直前の大津城の京極家の動きは、これをタイミングを見計らって阻止しようとしたのかもしれません。
三成を佐和山城に、また佐和山城から援軍を関ヶ原に、その両方とも行わせないようにするとは、さすが家康です。
関ヶ原で決着をつける気満々ですね。

* * *

さて、両軍の各武将たちは皆、家康の息子 徳川秀忠の大軍勢の状況を相当 気にしていたはずです。
「間に合わない」は本当なのか?と。
歴史上でも、いないはずの軍勢が急にあらわれるということは、よくあります。

秀吉と家康は、一度だけ、「小牧長久手の戦い」で直接対決したことがあります。
この時は引き分けです。
家康の強さに、秀吉が、家康と戦い続けることを避けたといったほうがいいかもしれません。他にも理由はありますが。

軍事力で負けた家康ではありませんでしたが、形式的に、秀吉の傘下にくだったかたちを、もろもろの事情で受けることになります。
そのかたちが、秀吉死後の「関ヶ原の戦い」まで続いていたということです。

あの秀吉が戦いを避けた、そんな家康の主力軍と、毛利が戦うと考えるでしょうか。
毛利輝元は結構ギリギリまで最終決断しませんでしたが、吉川広家は早くから決めていました。

主力軍が上田城で苦戦したのは、大将が家康ではなく、秀忠だっただけです。
私たちは、史実として、秀忠率いる徳川主力軍が、到底 間に合わない状況であったことを知っていますが、戦場でのニセ情報の乱発は当たり前の時代です。
みな疑心暗鬼だったことでしょう。
家康は、そこにいない軍隊の影をも、上手く使ったのかもしれません。
もはや「神様」のなせるわざ…、さすが「神君」です。

◇もうひとつの関ヶ原(毛利の戦術)

三成側のはずの毛利軍が、どうして関ヶ原のあの場所に布陣したのか、三成側の視点でみると、どうにも理解しにくい場所です。

私は、小学生のころ、この関ヶ原の武将たちの布陣が、どうにも理解できませんでした。
特に、三成側である毛利軍の位置です。
家康の後方である東側に毛利軍がいるなど考えられません。家康が毛利に背を向けているのです。
子供の目から見ても、どうしてもおかしな配置です。
こんな配置図だけを小学生に見せても、何の勉強にもなりませんね。でも、疑問を植え付けさせることはできますが…。
それから、いろいろなものを読んでいくうちに、毛利と小早川の位置には、ある意味があるとわかってきました。

毛利勢のひとつ吉川家の吉川広家が、早くから裏で家康側についていたことは周知の事実ではありますが、毛利軍のこの布陣場所は、家康がリクエストした場所ではないのかとも思っています。
秀忠率いる徳川本体軍のかわりとして…?
また、三成を翻弄する戦略として…こちらはかなり可能性が高いと思います。
形式的には、吉川家は毛利家の家臣ですが、吉川広家は実質的な毛利軍のトップです。

実は、毛利家とは、本家の毛利家と、吉川家、小早川家の三家で成り立っています。いわゆる「毛利三川」、「毛利両川」と呼ばれるつながりです。
小早川家とは、もちろん前述の小早川秀秋の家です。

家康と毛利三家が連携していれば、関ヶ原で、もし家康側の豊臣秀吉恩顧の家臣たちが、何人か裏切ったところで、すぐに制圧できるはずです。
豊臣秀吉恩顧の家臣たちも、この布陣をみせられたら、まず裏切れないと思うだろうと思います。
秀忠率いる徳川本体軍のかわりは十分に果たしているとも思われます。

もし毛利軍が裏切って家康を攻めようとした場合でも、万が一、秀忠の主力軍が、尾張のほうから突然現れたら、家康と秀忠の親子に「はさみ打ち」です。
毛利が、そんなリスクを負うはずがありませんね。

それに、毛利が着陣した南宮山の位置であれば、三成にも、この密約がバレにくいとも思われます。
三成は、この時点で「毛利も、両天秤にかけたな」と薄々感じたかもしれません。
三成は不信感をつのらせたことでしょうが、でも裏切りの断定はできませんね。
毛利は、いくらでも言い訳できます。

こうした人間どうしの不信感こそが、大軍団をバラバラにして弱らせます。
もし、このような謀略であったなら、抜け目のない、恐ろしいほどの家康の戦略です。

* * *

「本能寺の変」の直後の、秀吉の「中国大返し」の時といい、今回の「関ヶ原」といい、毛利は、相当にしたたかな戦略を実行する武家ですね。
さすが、大策略家の名将、毛利元就(もうり もとなり)の子孫です。

私は、元就の遺言の「後世に残された者たちは、野心を持ってはならぬ…」は、毛利一族以外に者が、元就の遺言として、その言葉を見聞きすることを意識して、作られたものだと思っています。息子たちには、別の本物の遺言があったでしょう。
遺言だから守るだろうという発想は、戦国時代には甘い考えです。ニセ遺言は、たくさんあります。
元就は、謀略の天才でした。死後も敵を欺こうとしたはずです。
実際、後継者たちは野心いっぱいでした。

関ヶ原の戦いでも、家康は、豊臣秀吉恩顧の家臣など、さほど信用していなかったでしょう。
個人的には、家康が連携すべき最大で最後の武将は、毛利三家だったように思います。
これで上杉、宇喜多以外の名だたる有力武家は、ほぼ味方ですね。

* * *

毛利軍のトップの吉川広家は、関ヶ原で戦闘が始まっても、三成の使者に「今、弁当を食べているから、わが軍は戦闘に参加しない」と、平然と言い放ったと伝えられています。
前述の、脱出のことしか考えていない、なかなか動かない島津家の島津義弘も、三成からの進撃の催促の使者に、「馬に乗ったまま要請をするとは、無礼である」といって、頑として動きません。ほとんど言いがかりです。その後、隣に布陣している三成自身がやってきて要請しますが、それも拒否します。

真偽のほどはわかりませんが、この両者のシーンは、テレビドラマでも、よく描かれますね。
テレビで見たいシーンのひとつです。カッコいい台詞ですね。

小早川秀秋にも、この二人のような図太さがあれば…。

* * *

でも、どうして毛利は、家康のこんな戦略に乗ったのか…。

家康が、豊臣家にかわって、名実ともに天下の覇者になることを見越しての行動だったと思います。
さらに、家康に味方するかどうかよりも、多くの有力武将が家康に味方しているという事実は、たいへん大きなことだったと思います。

毛利家は武将の戦略として、相手が一番求めているときに、相手の要請に応えたということなのでしょう。
すでに方向性は決めてあって、タイミングをうかがっていただけだったのかもしれません。

本家の毛利家は、一応、三成側の総大将ですので、立場上、不利な状況です。
戦いの後に、吉川家が、家康との間に入って、何とか毛利の本家の生き残りに尽力しようとしたのであれば、一連の動きも理解できます。
本家の当主が有能でないために、吉川家が仕切った可能性もあります。

後に実際に、吉川家のとりなしで、本家の毛利家は滅亡せずに生き残ります。
三成側の有力武将たちが皆、滅亡する中、敵軍の総大将の武家が、それなりのかたちで生き残れるとは異例中の異例です。
総大将でなかったら、もう少しかたちも違ったでしょう。

小早川家にいた豊臣家からの養子である秀秋も早々にいなくなり、三成と近すぎた毛利家のかつての参謀 安国寺恵瓊(あんこくじ えけい)は毛利家から見放され、家康によって処刑されます。
ようするに、毛利家も、真田家と同じように、両陣営に主要な人物を送り込んで、どちらが勝っても生き残れるようにしたということです。

信長の時代から活躍していた知恵者の恵瓊(えけい)です。
結果的に自身が捨て石になりましたが、吉川広家と組んで、すべてお見通しの作戦だった可能性もありますね。
毛利家への最期の御奉公だったのかも…。
それは、家康も、お見通しだったことでしょう。

* * *

黒田官兵衛 親子も、少しかたちは違いますが、おそらく同じようなことだったのではないでしょうか。
両天秤ができた武家と、しようとしたが上手くできなかった武家に分かれましたね。

「関ヶ原の戦い」のときに、その武家を大きくさせた名将が生きていたかどうか、これもかなり重要なことでしたね。

黒田官兵衛が亡くなったのが1604年、加藤清正が亡くなったのが1611年です。
家康が、その後、「大坂冬の陣」を始めるのが1614年です。
偶然のはずはありません。
冬の陣のころは、毛利家もかなり縮小して、毛利輝元も病気がち。吉川広家は、毛利家の一件もあり家康に頭があがらない。
家康は、安心して「大坂の陣」を始められますね。

真田家くらいの中堅武家だったら、あの両天秤の選択がベストだったのかもしれませんね。
これだけの家名を残したのですから、大成功と言えますね。それも、散っていった幸村の功績のおかげです。
この時代にぶつかった武人たち…本当にたいへんでしたね。

◇もうひとつの関ヶ原(三方ヶ原の借りを返す)

関ヶ原での決戦が始まる前に、少なくとも、島津、毛利、吉川は、小早川が松尾山に布陣したことの意味をしっかり理解していたと想像します。
島津は知っていても、三成に伝えるつもりはなかったでしょう。
石田三成という武将は、とにかく多くの武将に嫌われていた存在です。
三成は、自分自身をどこまで認識していたのでしょうか?

毛利、吉川、小早川、島津…、武将たちのしたたかさを、よくよく感じますね。
さすが、戦いなれた名門の武家です。
生き残ることは、勝つことよりも困難だということを、しっかり理解していたことでしょう。

謀略が得意だったはずの宇喜多家の跡継ぎは、まだ経験が浅かったか?
お父さんの宇喜多直家が生きていたら、こんな結果にはならなかったことでしょう。
これも、この家の宿命…。
息子の秀家は、運命を自分で切り拓けなかった…、でも流罪先の八丈島で、84歳まで、それなりに楽しく暮らしたようです。

三成は、なぜ、いろいろな危険のサインに気がつかない?
気がついていても、もう時すでに遅しだったのか…?
家康を敵にまわすとは、こういうことなのでしょうね。
ある意味、三成は、豊臣家に忠実で誠実だったのか… そんなことは、まず ないでしょう。

* * *

いずれにしても、家康という武将は、まともに自力で戦に勝った実績のない三成が勝てるような相手ではありません。
現代風のイメージでは、事務専門の公務員の課長クラスが、外国の一大軍隊に挑むようなものです。
「三方ヶ原」の時の、若い頃の家康と武田信玄に似ていますね。

きっと家康も思ったことでしょう。
今なら自分が信玄だと。
「三方ヶ原」のときと違うのは、ここで三成の人生が終わったこと。

この頃には、家康は、すっかり「待てる」武将に変貌していますね。
信長が持っていた忍耐力と、タイミングを知る眼力が、しっかり家康にも備わっています。

「待つ」を通り越して、「間に合わない」という大失態をしでかした徳川本体軍の息子の秀忠に、最初は激怒して会いもしませんが、もうすでに「短気ではない」寛大な家康です。
いつしか許します。でも後に、三代将軍は家康自身が決めますね。
後に二代将軍になる秀忠のこの後の人生は、汚名返上にやっきです。

* * *

徳川本体の軍隊がいなくて、関ヶ原で勝つにはどうするのか?
家康は、「秀吉なら、どうするだろうか」と考えたかもしれませんね。

家康は、もともと豊臣秀吉の家臣だった武将たちを、その知恵で使いこなします。
秀吉が持っていた知略と人心掌握術、物事の本質を見抜くチカラが、家康にもしっかり備わっていました。

「関ヶ原の戦い」の時の徳川家康は、信長と秀吉と肩を並べる力量を完全に備えています。
信長の戦争に勝つ戦略、秀吉の政治力、この両者を完全に手にしています。
「三英傑」の誕生です。

「関ヶ原の戦い」は、まさに完全王者の戦いぶりです。
「天下分け目」とは、勝者にとって、とても都合のいい表現ですね。
歴史でも、テレビドラマでも、わりと都合よく、単純な言葉でまとめられてしまうということが、しばしばありますね。

たしかに、「分け目」ではありましたが、一方的に、片方が片方を制圧したという結果でした。
どちらに転んでもおかしくないような状況だったとは思えません。

この「分け目」という言い方は、神様がどちらかに味方したような印象を持たせます。
徳川が、「神様に選ばれたのは徳川だ」と、内外に伝えるには、とても都合のいい表現のように思いますね。

この戦いの徳川家康には、若い頃の家康の姿は、もうどこにも ありません。
この戦いぶりと政治力を見せつけられて、誰が、家康を敵にまわそうと考えるでしょうか。

* * *

三成は、処刑までの数日、初めて、家康のすごさと恐ろしさをさとったかもしれません。
三成は、関ヶ原に家康を誘い込み、三方から囲んで総攻撃しようと考えたのだろうと思います。
その作戦を逆に利用され、関ヶ原に誘い込まれたのは自分のほうだったとさとったはずです。
関ヶ原に着陣した時点でさえも、それに気がつかなかった自分の完全な負けだと…。
家康は、自分(三成)の知恵を利用したのだと…。
家康の知恵に、自分の知恵は負けたのだと…。
謀略の限りをつくしてきた三成は、これまでの人生で「知恵負け」を経験したことがなかったかもしれません。
三成は、最後の最後に、自分の知恵によって負けたのだとさとったかもしれません。

* * *

三成と家康の最後の会話は、真偽はわかりませんが、ドラマではよく登場します。
家康と実際に会話する可能性は低いように思いますが、家康の家臣と三成の会話はいくつか残されています。
会話の相手によって、内容はさまざまですが、武人ではあまり発想しないような三成らしさや、自分の気持ちや考えに真っ正直な姿が、そこにあるようにも感じます。

三成と家康の最後の会話は、ドラマでは、いろいろな描かれ方がありますが、その中でひとつだけ紹介します。
どのドラマだったか、はっきり覚えていませんが、なかなか好きな会話です。

家康が、「勝敗は時の運」のような意味のことを三成にいいます。
家臣たちは、当然、「時の運」ではないことはわかっています。
家康から、知恵者の三成への最大の評価の言葉です。
おそらく、家康に、知恵で挑んできた三成の行動に…。

大谷吉継が語った「勇気が足りない」の勇気とは質の違う「度胸」を三成は持っていたのかもしれません。
自身の「野心」を貫こうという「覚悟」もあったでしょう。

家康は続けます。「武人として、後悔はあるまい。」
三成は、「あなた(家康)と戦えたことに、まったく悔いはない。」と返答します。
三成の家康への最期のお別れの言葉です。そこには、家康の言葉への敬意も感じられます。
ある意味、すっきりした気持ちで、その時を迎えたのかもしれませんね。
私は、このドラマの最後の会話は好きです。

実際には、このような会話はなかったと思います。
ドラマには、史実らしきことを伝えるだけが、役目ではありません。
これがドラマのいいところ!

家康のすごさを、豊臣家も、もう少し、きちんと見極めるべきだったのかもしれません。

◇もうひとつの関ヶ原(浅井三姉妹)

でも、淀君は、あの信長の妹の娘だから仕方がないですね…?

実は、淀君は、信長の実の娘だったという説もあります。確証はありません。
ですが、まんざら信じられない話しとも言いきれません。
でも、これでは歴史的に少し都合が悪いですね。

もし、それが真実であったなら、浅井三姉妹の、長女の茶々(ちゃちゃ)、次女の初(はつ)、三女の江(ごう)、のうちの下の二人だけが実の姉妹となります。
長女の茶々とは、もちろん淀君のことです。

浅井三姉妹とは、織田信長に滅ぼされた浅井長政の三人の娘のことです。ここでは詳細は省きます。

次女の初は、前述の大津城の当主 京極高次の正室なのです。
実は、浅井家の本血筋は京極家であったので、浅井家とは複雑な関係でした。

そして当主の高次は大津城にいて、その弟の高知が関ヶ原で家康側として戦うのです。
高知が、家康に従軍した時点で、京極家が、いずれ家康側となって、大坂と関ヶ原のあいだの大津で重要な役割を果たす可能性が非常に高かったとも想像できます。家康にとっては、高次の正室、初の存在も無視できません。
小早川秀秋のときもそうでしたが、こうした親族の複雑さのスキを狙うのが、家康は好きだったのかも?

家康にとっては、当主は大津城にいなければなりません。弟は家康が預かっています。逆ではだめなのです。
弟の高友は関ヶ原で、それはがんばりました。
大津城での戦闘の日程も、関ヶ原の決戦日にぴったり合わせてあります。
三成は、淀君ばかり見ていたのでしょうか。
他の姉妹を、どのように見ていたのでしょう。

三女の江とは、もちろん徳川秀忠の正室です。

* * *

形式的には、三成と、豊臣家の淀君は切り離されています。
内情も、片桐且元によって切り離されていたでしょう。
前述しましたが、大坂城にいた片桐且元(かたぎり かつもと)に、三成側と、豊臣秀頼・淀君の母子を切り離させたのも、家康の策略とも思われます。
この且元は、豊臣家滅亡の「大坂の陣」のきっかけとなる「方広寺の鐘銘事件」のときに、豊臣家から徳川家に寝返る人物です。
もともと、家康側ですから、寝返るというよりも、役割を終えて徳川家臣に戻るというほうが正確かと思います。
この鐘銘事件は、もちろん、はじめから仕組まれた家康の謀略です。

さて、関ヶ原の一件で、初と江も、三成とは完全に切り離れました。
三成と浅井三姉妹は、これでまったく分断できました。
おまけに、長女と、次女・三女側の二つにも分断できました。

三姉妹の出生の真実はわかりませんが、後に長女の淀君だけがいなくなるとは…。
豊臣家滅亡が、この時点からすでに計画され実行されていたのなら、恐るべき陰謀です。
家康なら、あり得ますが…?

* * *

まさに日本史は陰謀の宝庫です。
「陰謀は、日本史に学べ」ですね。
ですが、本当に重要な陰謀は形跡を残しません。推測するしかありません。

決して陰謀を礼賛しているわけではありませんが、近代の世界各国の軍隊は、東洋の戦争の歴史を徹底的に研究しますよね。
自分たちが陰謀に巻き込まれないための非常によい教科書でもあります。
特に戦国時代は、本当に、陰謀に長けた者しか生き残ることができない時代でしたね。

◇ドラマの中の、もうひとつの関ヶ原

テレビの時代劇ドラマの中の「関ヶ原の戦い」は、表面的な結果だけを単純化させ、ドラマチックに脚色して、短時間で描いています。
時に史実とかなり違うこともあります。
複雑すぎる人間心理も単純化させます。
ドラマは面白さを追及しているのです。

今回のコラムでは、ドラマではあまり描かれないような部分を、私の想像も含めてではありますが、「関ヶ原の戦い」の本来(?)の全体像としてご紹介しました。
これで、ドラマではなかなか説明されない、各武将のつながりや事情が、おおよそ分かっていただけたでしょうか。
また機会がありましたら、まだ触れていない部分もご紹介したいと思います。

* * *

こうして考えると、ドラマの中の「関ヶ原の戦い」は、なんと単純に短く描かれていることか…。
歴史ファンとしては、もう少し、細かい機微を盛り込んでほしい気もしています。

史実と異なる、ドラマの中の「関ヶ原の戦い」も、これまた、もうひとつの「関ヶ原の戦い」です。
史実ではない創作物として、十分に楽しめると思います。
ただ、真実に近いかもしれない歴史も知っておくと、より面白く見れるかもしれませんね。

テレビドラマのような表面的な単純化という意味では、学校の教科書もそうかもしれませんね。
子供たちには、本当の歴史の物語は、教科書の文章の中にはない、奥の奥の奥のほうに隠れているということを、覚えておいてほしいですね。

今、私たちが知っている「関ヶ原の戦い」は、すべてが、「もうひとつの関ヶ原」です。
「本当の関ヶ原」は、歴史のはるかはるか奥のほうです…ね。

◇長い旅が人生を切りひらく…

さて、大河ドラマなどのテレビの時代劇では、よく、家康自身が薬草を粉にするシーンが登場します。
その姿からは、強い忍耐力、日々の努力、ものに動じない平常心などを見ることができますね。
この姿は、若い頃の超短気な人間から、完全に脱皮した姿です。

「殺してしまえ」という表現にもっとも近かった超短気な徳川家康とは、正確にいえば、若い頃の家康なのです。
それが、「鳴くまで待とう」の家康に変わるまでには、長い年月がかかりました。

彼の、長い人生の旅こそが、ひとりの人間を変えたといえます。
人が旅をつくるのではなく、人生の旅が人をつくるのかもしれませんね。

* * *

「家康が薬草を粉にするシーンは、もちろん、自身に安心な薬をつくるための行為ですが、本当は、天下をとるため長生きする必要があったからです。」と、テレビの歴史番組では語られそうです。

本当でしょうか。
たしかに、「関ヶ原の戦い」や「江戸幕府」「征夷大将軍」くらいまでは、想定内だったでしょう。
関ヶ原のときは、家康は58歳。もうすぐ還暦です。
現代の感覚であれば、80歳くらいの年齢まできていると考えてもいい年齢です。
はたして、「大坂の陣」まで自身の手で行えると想定していたかどうかは、わかりません。

最終的に、豊臣家がいない江戸幕府の体制をしっかり整えて、この世を去ります。
絶大な江戸時代300年を残して。

* * *

決して、幼少期から長い年月をかけて培われてきたものが、この結果と遺訓を生んだものではないと思います。
彼が自らを反省し、人生の途中から、自分で切りひらいた結果です。

普通の、どこにでもいそうな若武者が、「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ホトトギス」という、しっかり「待つことができる」武将になるまでには、長い年月の努力と鍛錬があったということなのでしょう。
信長や秀吉、信玄と出会い、長い紆余曲折の人生の旅の末に、たどり着いた境地だと思います。
神様は、どこかで見ていまたね。

75年の家康の人生。当時の人間としてはたいへんな長寿です。
彼がこんなに長生きでなかったら、歴史はまた違ったものになったかもしれません。

「大坂の陣」により豊臣家が滅亡してゆくさまは、いろいろな人間の人生が絡まりあって、家康個人の意志による出来事のようには思えません。
何か別のチカラ…、歴史の神様が、最後に家康を選んだように思えてきます。
本当の「神君」は、別にいたのかもしれません。

1467年の「応仁の乱」を戦国時代のスタートと考えれば、1615年の「大坂夏の陣」まで、150年あまり。
戦国時代に生きていた人々から見たら、それは長い長い、武力の強い者が勝つ「弱肉強食」の異常な時代です。
そんな厳しい時代の人々が、家康を、戦乱の世を終わらせてくれた「神様」の化身と考えてもまったく不思議ではありませんね。

「神君 家康公」という表現は、現代人がとらえるイメージとはまったく違うのかもしれません。
その言葉の中にいる、別の神様に手をあわせていたのかもしれませんね。

◇東照公 御遺訓

彼の最期の「辞世の句」は、二首残っていますが、人生やりつくした感がいっぱいの内容です。

そんな彼が、最期に遺したとされる「東照公御遺訓」です。

戦国時代の最後の勝者に、似つかわしくない内容なのか。
勝者だからこその境地なのか。
ただ、長い長い人生の旅だったことは、よく伝わってきます。

原文はこちらのサイトです。
https://www.toshogu.or.jp/about/


ここでは、言葉どおりに現代訳をします。

* * *

人の人生というものは、重い荷物を背負って、遠い道を行くようなものだ。
決して急いではいけません。

不自由が当たり前だと思えば、不満は生まれてこない。
心の中によくない「欲望」がわき上がったときは、「困窮・困難」な時代を思い出しなさい。

「堪え忍ぶ」ことこそが、無事に長く安らかでいられる秘訣であり、
「怒り」こそ、敵だと思いなさい。

勝つことばかりを知り、負けを知らないことは、最後に自分の身に危険がおよぶ。

自分の行いを反省し、他人の責任を責めてはいけません。
足りないことのほうが、やり過ぎてしまうことよりも、優れているのです。

* * *

徳川家康は、信長や秀吉のように、やり過ぎることはありませんでしたね。

ここまでお読みいただき、がっかりさせて申し訳ありませんが、
実は、この遺訓は、家康自身が本当に残したものなのか、後世の誰かが作ったものなのか、はっきりしていません。

確かに、あの天下の覇者にしては、内容に少し重厚感が足りないような気もします。
本人であれば、もっと加える内容もあったことでしょう。
組織のトップとして、ここに触れるだろうかという部分もあるように感じます。
トップを支える立ち場の人間の存在が、見え隠れしているような気もします。
他の多くの武将の本物の遺訓からくらべても、庶民に少しわかりやす過ぎる気がします。
あくまで私見ですが、別人の筆かもしれません。

ですが、これはこれで、すばらしい人生の教訓であることは事実だと思います。
家康様に、目の前で こう言われたら、納得して ひれ伏したい内容です。
真偽はともかく、すばらしい存在の「御遺訓」だと思います。

* * *

昔は、この文言を「額」に入れて飾ってある光景を、学校や家庭で、よく目にしましたね。

今の20歳代の若い夫婦の家庭に行くと、相田みつをさんや、金子みすゞさんの言葉や詩を書いた「額」が部屋に飾られていることを、目にすることがあります。
そのような存在に近いものですね。

部屋に飾られる「額」の内容は、人の年齢によって、掛け替えられていきますね。
この御遺訓の額は、ある程度、人生経験を経て、人生を振り返る年齢になってから、飾られるものなのでしょうね。

実はかなり昔、わが家にも この額があり、子供の頃、意味もわからず読もうとして、よく途中で挫折したものです。
たいていは、一行目でストップしました。

中高年になり、何年かに一度くらい、どこともなく目にする御遺訓ですが、読むたびに、自戒の念が込み上げてきます。
自分の人生が終わるときに、こうしたことが実践できたと言うことができるだろうかと、目をつむってしまいます。

人生の旅が、人をつくる…。

このシリーズでは、旅番組をそんな視点でも、考えていけたらと思っています。
でも、重荷はおろして、気軽に読んでくださいね。

* * *

ちょうど今、NHK BSプレミアムでは、毎週日曜日の朝6時から、2000年放送の大河ドラマ「葵 徳川三代」を再放送しています。
昨年 惜しくも亡くなられた、名俳優の津川雅彦さんが徳川家康を演じています。

徳川家康役と聞くと、一番に、津川さんを思い出される方も多いと思います。
津川さんの風貌と、あの特徴的な声と口調が、家康のイメージにぴったりでしたね。

この「東照公御遺訓」を、津川さんの声で、ぜひ一度聞いてみたかったです。

あの口調を思い出しながら、もう一度、御遺訓を振り返ってみたいと思います。

長くなりました。
旅番組シリーズの第一回目のコラムは、ここまでにします。

* * *

ヒデタダ~!
遅れおって!
この たわけが~!


 2019.6.12 jiho
Copyright © KEROKEROnet.Co.,Ltd, All rights reserved.