「映像&史跡 fun」は、映像・テレビ番組・史跡・旅・動画撮影のヒントなどをご紹介するコラムです。


「旅番組」シリーズ(6)
旅番組とお城 ④ / どこから見てるの…

前回コラム「旅番組とお城 ③」からの続き

前回「旅番組とお城 ③」では、忍者のこと、お城の構造、江戸城、山中城、城攻めの恐怖、難攻不落などについて、ご紹介しました。
今回は、前回③の冒頭で少し書きました「城主の目線」について書きたいと思います。


◇城主の目線

前回冒頭で「お城は城主が築くもので、攻撃する側も、この城主目線を知らなければ攻撃できない」という主旨のことを書きました。
今回も、「お城を、攻撃する側の立場で歩いてみましょう」という旅番組の観光客目線が、なぜ歴史・史跡ファンに違和感や拒否反応を与えてしまうのか、考えてみたいと思います。

この違和感や拒否反応は、ここまでの回で書いてきましたとおり、実際の「城攻め」との乖離も問題ではあると思いますが、それとは別に、重要な点があると思います。

お城は、基本的に造る側の目線や考え方で、そこに存在しているからではないでしょうか。
お城を攻める側、見せられる側の目線や考え方で、そこに存在しているわけではありません。

お城に関しては、それが仮に敵の攻撃から、自分たちの国を守るために造ったお城であっても、それは「防御」という、敵に対する、ひとつのアプローチです。

お城を攻撃する側は、相手の城の弱点を徹底的に調査します。
その城の城主がどのような考えで造ったお城なのかを深く読もうと努力します。

城主の考え次第で、お城の構造が大きく異なるからです。
そこに弱点を見つけるヒントが隠されています。

* * *

ですから、歴史・史跡ファンは、どうしても、その城を造った城主の考え方や発想、城の使い方に興味を持ってしまいます。
まずは、「城主目線」こそが、お城の見方の基本といっていいのかもしれません。

お城を攻撃する側は、相手の城主目線を理解することが、攻撃の第一歩だと思います。
歴史を語る中では、よく、武将どうしが、人間性や性格、能力や考え方を読みあい、そのスキをつくという表現が出てきます。
お城は、まさに城主の鏡なのです。

お城を、「旅番組」のような「観光客目線」で見るのか、はたまた「歴史・史跡番組」のような歴史・史跡ファンが好きな「城主目線」で見るのかは、自然と異なってきますね。

* * *

さて余談ですが、近年、日本史の戦闘の再現実験という企画の「歴史風の番組」がありますが、これも、歴史・史跡ファンの目線と、かなりかけ離れた内容も中にはあります。
たしかに、歴史の一部分を実験検証する企画はバラエティ番組ととらえれば面白いですが、それはあくまで実験であって、そこから意味のわからない妙な結論に誘導するのは、強引すぎます。

所詮、小規模の模擬実験ですので、歴史の事実証明とは程遠い気がします。
実験の中に盛り込まれる要素が少なすぎますし、非現実的です。
それに、実証実験には、その武将の性格や人間性が反映していません。
後で、もう少し書き加えます。

「城主の目線」に話しを戻します。


◇お城の強さ

「旅番組」なのか、「歴史・史跡番組」なのか、はっきりしない番組では、「攻めにくい、なんと堅固なお城でしょう」といった表現がよく使われます。
歴史・史跡ファンの目線から言えば、それは「防御をよく考えた、なんと堅固なお城でしょう」という城主目線のほうが、まだ正確かと思います。
「同じでしょ」と思われるかもしれませんが、実は、まったく違います。

* * *

攻撃側の武将にとっても、「攻めやすい」と「攻めにくい」は紙一重だったりします。

豊臣秀吉の「備中高松城の水攻め」を思い出してみてください。
この戦闘は、お城の周囲に川から水を引き、大きな湖を造り、お城を完全に孤立させます。
そして援軍が周辺域から来るのを遮断します。
備中高松城では食料や水がなくなります。
秀吉は、大きな戦闘をすることなく勝利しました。

もともと備中高松城は、「攻めやすい」のでしょうか。「攻めにくい」のでしょうか。
この城の城主は、毛利家の信頼も厚い清水宗治でした。
もし、秀吉が、直接、戦闘を行ったら、どのような結果になったでしょう。
少なくとも、「攻めやすい城」だという印象は受けません。

秀吉は、このとき、「時間」を必要としていました。
わざと、攻めも守りもしない、膠着状態にする必要性があったのです。
秀吉の主君、織田信長の到着を待つ時間が必要だったのです。一応、織田軍内部的には…。
攻撃側が意図的に時間をかせぐ、変形の「城攻め」です。

通常は、「城攻め」を受ける側のほうが、時間をかせぐものです。

秀吉による大土木工事ではありましたが、これで生まれた時間は、その後の歴史を大きく動かします。

攻めにくいし、時間もほしい…、それならいっそ、時間を止めようということですね。
時間をかけた大土木工事の末、この城は、完全に「攻めやすい城」になりました。
戦わずして、あえなく降伏です。
この城が、秀吉にとって「利用しやすかった」のは確かでしたね。

* * *

一方、「攻めにくい」が、イコール「守りが堅い」でもありません。
あまりにも「防御」のことしか考えていないお城は、逆にそうそう攻撃してきません。
「攻めてこない城」は、「攻めやすい城」という側面も実はあります。

前述の備中高松城は、水攻めにされたことにより、「攻めてこない城」の状態になってしまったのです。
「守りが堅い」は、「攻めやすい」ということとも紙一重なのです。


◇大坂城の城主目線

「大坂の陣」の場合を、ここはあえて攻撃側の目線で見てみましょう。

攻撃側の徳川家康により、大坂城は、「守りが堅い、攻めにくい城」から、まずは「守りが甘い、攻めにくい城」に、変えられてしまいます。
お濠を次々に埋め、大砲の玉が天守閣に届くようにしました。もう少しで 兵士が大坂城に入れるところまできました。
これで、かなりハードルが下がりました。

問題は、真田幸村の「真田丸」です。
これも土木工事で撤去しました。これで、すっかり「攻めやすく」なりました。
後は、幸村が城内にいなければいいだけです。

徳川家康は、豊臣秀吉が造った「堅い守り」の皮を、一枚ずつ剥がし、さらに豊臣勢の攻撃力を少しづつ削ぎ、いつしか「守りが甘い、攻めやすい城」に完全に変えてしまいました。

この大坂城には、秀吉の死後、彼の城主目線を引き継いだ者がいなかったのかもしれません。
真田幸村の進言も、聞き入れられることはありませんでした。

大坂城は、「防御を整えた、堅固な城」だったはずなのに、どこに弱点があったのか?
根拠のない安心感に頼り過ぎ、「城主目線」を失ったことが、最大の弱点だったのかもしれませんね。

徳川家康は、大坂城内には「城主目線」がないという弱点を、見抜いていたのかもしれません。
唯一、真田幸村を除いて…。
もはや、秀吉の城主目線は家康に引き継がれたのも同然でしたね。


◇小田原征伐

私は、大坂城の壊滅とともに滅亡した豊臣家と、しっかり残った小田原城とともに 滅亡までは免れた北条氏との違いを、考えることがあります。

豊臣秀吉による「小田原征伐」で、北条氏は、小田原城を大軍勢で360度取り囲まれます。
最終的に、全面降伏し、小田原城での戦闘は起きませんでした。

豊臣家と北条家は、同じように、「天下の名城」といわれた城に住み、片方だけは完全に滅亡します。お城も消滅します。
今も、秀吉の大坂城は跡形もありません。今、残っているのは徳川の大坂城です。

* * *

世の中には、「小田原評定(おだわらひょうじょう)」という言葉が、今でも使われていますよね。
この意味は、「いつまでたっても結論を出すことのできない、堂々巡りの会議」です。
この言葉の由来は、もちろん、秀吉が率いる大軍に取り囲まれた小田原城内の重臣たちの会議のことです。

小田原城では、定期的に、評定が行われていました。
この頃、評定の議題はいくつかあったはずですが、その結論は、時間がかかり過ぎた上に、すべて裏目となります。
最後の評定では、小田原城で決戦をするのか、それとも降伏するのかというところまできました。

最終的に、降伏の上、北条氏政(ほうじょう うじまさ)は、自分の命と引き換えに、家臣やお城を残すことになります。
その後、北条家は、江戸時代に、小さな小さな大名家として残っていきます。
もう歴史の表舞台に登場してくることはありませんでした。

北条氏は、どうして、名城の小田原城で一矢も報いず、戦闘をあきらめて降伏したのか…?
関東平野一円のそこらじゅうの城で戦闘を行ってきたのに…、なぜ本城では行わなかったのか…?
武家の名門の意地はなかったのか…?

北条は、戦闘計画を相当に練ったはずです。どんな計画だったのでしょうか。
実際には、小田原城を取り囲まれる前の、長い伏線の多くの戦いにより、ほぼ勝敗はついていましたが、大坂の陣や、関ヶ原のような、戦闘による最終決戦という判断があっても不思議ではなかったと思います。

秀吉側にも、実際に戦闘が始まることを想定した計画はあったでしょう。
起きなかった歴史ではありますが、非常に気にはなります。

降伏の理由はさまざまにあるでしょうが、今回はお城コラムですので、「お城」という観点から見てみると、小田原城の中には、亡き北条氏康の「城主目線」がしっかり引き継がれていたということなのかもしれません。

小田原城の防御力と攻撃力、秀吉の城攻めの状況と今後の展開を考えると、もし戦闘を行ったら、家臣も領民も全滅した可能性は高かったと思います。
相模湾の海側も、びっしり船団でおさえられていました。
秀吉による、この囲みは、「大坂の陣」のときの徳川勢よりも強力だったと思います。
戦闘が行われていたら、小田原の城も街も、すべて灰になったかもしれません。


◇最後の小田原評定

どのような内容で、最後の小田原評定が、城内で行われたのでしょう。

「領民思いで冷静沈着、一隻眼の持ち主、やり過ぎることのない、亡き北条氏康なら、どうするだろうか」と皆、考えたことでしょう。
皆、冷静になって、亡き先代の城主、「氏康の目線」になって考えたのかもしれません。
「大坂の陣」のときの大坂城内の様子とは、かなり違っていたのかもしれませんね。

最後の小田原評定…、最後の最後だけは、判断を間違えなかったと、私は思っています。

もともと、ここまでの評定のせいで、秀吉と戦うことになってしまったのでしょう。
北条氏康がもう少し長生きでしたら、こんな状況にはならず、豊臣の時代でも、徳川の時代でも、しっかりとした地位でいたことでしょうね。

* * *

豊臣秀吉の、まるで「小田原征伐ショー」のような、演出めいた「天下人の戦い方」も興味がないわけではありませんが、ノイローゼになるほどの小田原城の城主の心境とはどういったものだったのかという点も、実は興味があります。

本城での決戦を行わずして自分の家を、ほぼ滅亡同然にするとは、どういうことなのか…。
これは、幕末の「江戸城無血開城」にも通じることだと思います。

このあたりの城主(君主)の心理や、論理の研究は、歴史的には、非常に意味のあるものではないかとも感じています。
歴史は、そんなことの繰り返し…。
君主は、きっと自分の身にはおきないと思ってしまうもの…。

どこで、選択を失敗したのか?
どの評定が境目だったのか?
評定の仕方に問題があったのか?

きっと未来にも活かされるものだと思います。
現代のビジネスにも役立つことでしょうね。

秀吉さん、次はあなた自身の家ですよ…。


◇うろこ、北条五代

「勝って兜の緒を締めよ」という言葉を、皆さまもこれまでの人生で、幾度となく、いろいろな場面で、クチにしたり、耳にしてきたと思います。
これは、日露戦争の時に、東郷平八郎が初めてクチにした言葉ではありません。

これは、北条氏綱(ほうじょう うじつな)が、息子の氏康に残した戒めの中に登場する言葉です。
東郷平八郎は、この言葉を引用したのです。

この意味は、もちろん、「人は、勝った時にこそ、油断が潜んでいる。敵やライバルは、そうした油断のスキを必ずついてくる。勝った時にこそ、気を引き締めなければならない。」というものですね。

北条家は、北条早雲、北条氏綱、北条氏康、北条氏政、北条氏直と続き、その名門の武家の座を終えることになります。
織田、豊臣、徳川、武田、上杉と比べても、それ以上の名門中の名門です。
とにかく知略に優れ、戦にもめっぽう強い大将が続いた武門の名家です。
前述の「兜の緒」の精神が、代々ずっと生き続けていたと思われます。

「小田原征伐」の時は、氏康亡き後で、氏直の代のときの出来事ですが、実権は氏政が握っていました。
氏直は、もともと病弱で、この「小田原征伐」の数年後に亡くなってしまいます。
氏政は、もちろん処刑です。

まさか、この名門家が、こんな終わり方をするとは…。

織田、武田、豊臣は、孤高の大功労者がいなくなったため、その後すぐに滅亡していきましたが、この北条家は少し違いますね。
これだけ長く名武将が続いていたということは、古参の重臣たちもたくさんいたことでしょう。
評定がまとまらないのも、わかる気がします。
先代はこうだったとか、かつてはこうだったとか、こうあるべきだとか…。
この評定こそが、北条家の没落を呼び寄せたと、いえるのかもしれません。

「船頭多くして、船、山に上る」だったのでしょうね。
現代の企業でも、こういう状況はめずらしくないのでしょうね。

戦いで敵やライバルに敗れるのであれば、まだ後悔はないかもしれませんが、内部の会議が原因だったとしたら、悔やみきれません。
会議がもとで、倒産…。
なんてことがないように、兜の緒を締めたいですね。

* * *

NHKの大河ドラマに「葵 徳川三代」があるなら、北条氏康・氏政・氏直の「鱗(うろこ) 北条三代」があってもいい気がします。
あるいは、北条早雲・氏綱・氏康・氏政・氏直の「北条五代」でも…。
まさに、「五つ うろこ」。

ドラマチックな戦やエピソードも満載です。
関東から東海、北信越あたりまで舞台は広範囲です。
神秘の山城をはじめ、お城もやたらに登場します。
場面は、関東の史跡だらけです。
あの映画「のぼうの城」の忍城(おしじょう)まで含めても、いけますよね。
ぜひ見たい!

評定(会議)とは、こうも紛糾するのか。
評定での決定が、ここまで影響を与えるのか。
評定とはどうあるべきなのか。
最後に、平和の選択をする評定とは、どのようなものだったのか。
それを選択する城主の考えとは、どういうものなのか。
早雲・氏綱・氏康という偉大な先代たちの後をついだ者たちの苦労とは、どのようなものなのか。

興味はつきません。


◇汁の二度かけ禁止

北条氏康が、息子の氏政を心配する、ある行為についてのエピソードが、今でも残っていますね。

息子の氏政は、飯に汁をかけて食べるのが好きだったようで、よくそうしていました。
ある時、飯に、汁をかけては食べ、またかけては食べている氏政を見て、氏康が言います。

毎日食べている食事なのに、どうして一度に適量の汁をかけられないのだ。
幾度もかけないと適量がわからないのか。
そんな日々の小さなことも的確にできない者が、領主として、どうして家臣や領民の心を読んで、的確な政治ができようか」

少し文言に正確さを欠きますが、だいたい、このような主旨のことです。

氏康は、領民に配慮を欠かさなかった領主で、減税や免税などを細かに行っています。
とにかく、やり足りないこと、やり過ぎることに、注意を払った、細かいことにも目を配る領主でした。

氏康のこの思想は、孔子の教え「過ぎたるは及ばざるが如し」とよく似ていますね。
やり過ぎることは、やり足りないことと同じで、間違った行為だという意味です。
この思想は、徳川家康も大切にしていましたね。
信長や秀吉とは、少し違います。

氏康と家康。
氏康がもう少し長生きしていたら、東日本の覇権をこの二人で争ったかもしれませんし、仲良く同盟を組んで、秀吉に対抗したかもしれません。
家康も、氏康が生きていたら、そう考えた可能性はあったと思います。
氏康が、もう少し長生きだったら、おそらく「小田原征伐」は起きなかったでしょう。

氏康と家康、コツコツ人生どうし、同じ「康」どうし、きっと馬があったでしょうに…。
おそらく城主目線も似ていたことでしょう。

* * *

この氏康の、氏政への心配エピソードは、それほどの内容でもありません。
どこの家庭のお父さんでも、言いそうな言葉です。
ですが、今でも、有名なお話しとして伝えられています。

なぜでしょうか。

それは、氏康亡き後におきる、「小田原評定」の大失敗と、「小田原征伐」を、強く暗示させる氏康の言葉だからです。
氏康の心配は、そのとおり的中します。

氏康の息子の氏政は、秀吉との交渉というお椀の中に、汁をかける分量、回数、タイミングを、完全にまちがえてしまいました。
それだけではありまあせん、氏康が心配したとおり、適量を超えて、お椀からあふれさせ、ついには、手がすべってお椀の中身を、秀吉の頭にかけてしまいました。

もう手遅れです。
小田原城開城の交渉は、秀吉側から黒田官兵衛、小田原側は、氏政の息子の氏直です。
官兵衛は、氏直には好感を持っていた印象があります。
優柔不断で、加減を知らない親父を持って、さぞたいへんだろうと、同情していたのかもしれませんね。

秀吉は、氏政のことは許せなかったでしょうが、息子の氏直には寛大な処置をくだそうと考えていたふしがあると、何かで読んだ覚えがあります。
山陰のどこかの国にでも移して、大名にしてあげようと思っていた可能性があります。
でも、氏直は病ですぐに亡くなってしまいます。

氏康の心配が、ここまで的中しようとは…。
氏康は、人並み外れた、先を見抜く「一隻眼」を持った城主だったのは、やはり事実だったのだろうと思います。

* * *

大阪では、大阪名物の串カツ屋さんに行くと、「ソースの二度づけ禁止」という紙が、必ずというほど店内に貼ってあります。
この言葉に、まさか、こんな氏康のメッセージが込められていようとは…。
店主に征伐されないように、気をつけてください。


◇戦国のヒルズ

この北条の小田原城は、その後、江戸時代に破壊され、今の小田原城は徳川が別の場所に建てたものです。

なにか、他のお城と違って見えませんか。
関西風に言えば、「何か、シュッとしています」。

現代風にいえば、小田原城は、戦国時代の「六本木ヒルズ」でしょうか。

* * *

一般的に、お城の天守閣は、戦国時代の初期から、どんどん進化していきます。
前回の「旅番組とお城③」で書きましたが、石垣の強度の進歩で、天守閣はどんどん高層化していきます。

戦国時代のはじめの頃は、大きな建物の上に、展望台のような建物をちょこっと乗せたような、「望楼(ぼうろう)型天守」が主流でした。
「ひとコブ らくだ」の背のコブみたいな展望台です。

その後、最上階の周囲に展望デッキをつけたような、展望抜群の天守も出てきます。

それが、そのうち独立単体の天守が主流になります。
展望デッキは少なくなっていきます。城主の好みではありますが…。
今の小田原城の最上階の展望デッキは、観光用に後世でつけたものです。

前回書きました、破風(はふ)も装飾でつけるようになります。
そのころには、天守はかなり巨大化、高層化しています。

そして、独立単体ではなく、複数の建物とつながった複合型や、通路でつながった連結式、さらに複雑な複合連結も登場します。
天守のかたちは、ずんぐりとした形の前述の「望楼型天守」から、各階の広さが上に向かってだんだん小さくなっていく「層塔(そうとう)型天守」になっていきます。
ずんぐりした、「ひとコブ らくだ」のシルエットから、ピラミッドのような三角形になっていくのです。
福島県の会津若松城は、まさにピラミッドのような美しさです。

破風を多用した豪華な外観もあれば、破風を極力減らしたシンプルなデザインもあります。
天守閣のデザインは、時代とともに変化し、バラエティに富んでいきます。

* * *

今の徳川の小田原城は、複合型・層塔型のお城です。
冒頭写真のお城が、今の小田原城です。

一見、三階建てのように見えますが、四階構造です。
戦国時代の北条の小田原城は、望楼型だったといわれています。

それほど、ピラミッド構造でもなく、屋根の層も少ないためか、何か現代のビルのように見えなくもありません。
私は、あまり他の城にはないようなデザインに感じます。
古風な姿の戦国の城が多い中、スタイリッシュな高層ビルのような雰囲気をかもし出していますね。

現代の東京の多くの高層ビルの中で、「六本木ヒルズ」は異彩を放つ存在です。
もちろんデザインでもそうです。

まさに、小田原城は、その時代の六本木ヒルズだったのかもしれません。
「何、このお城…!」と庶民は、おどろいたかもしれませんね。

江戸幕府が、北条の小田原城を壊して、場所も移して、まったく新しいデザインで、この地域のシンボルを造ろうとしたのもわかる気がします。
これは大坂城のときも同じです。

北条の歴史と残像を、この地域から一掃したかったのでしょうが、少なくとも現代は、小田原城に、北条の城というイメージを持つ方々が多いことでしょうね。
小田原城は、現在も、しっかりと、この地域の、かけがえのないシンボルですね。
東京の六本木ヒルズの意味合いよりも、より重要なシンボルです。


◇目線の使い分け

ここまで、戦国の城を、歴史・史跡ファンから見た場合、お城をつくった城主の目線が、その主役だと書いてきました。

「お城をどう攻めるか」ではなく、「お城をどう守るか」のほうが重要な目線だということです。
攻撃側から見た場合でも、「この城は、どのように守ろうとしているのか」の目線が重要だということです。

秀吉や家康のような「天下人目線」は、また別の目線になりますが、この二人であっても、その城の城主目線は考えたはずです。

「お城番組」では、お城の外から門を通ってカメラが入っていきます。
よく城郭研究者や歴史学者の方が解説で登場されますが、彼らの目線はたいていは、どのように防御するかです。

たいてい、「こうやって守ります」、「こうやって敵を止めます」という、城主の目線です。
自然とそうなるのは、当然だと思いますね。

番組自体が外からの攻撃目線であるのに、いつしか解説は城主目線になっているというこも、よくあります。
番組のアプローチはお城の外から、解説はお城の中からというのは、どうもチグハグに感じてしまいますね。

* * *

優れた旅番組、歴史番組は、そのあたりの使い分けがきちんとされているように思います。

NHKに、「英雄たちの選択」という非常に優れた歴史番組がありますが、その中に「お城」が扱われるときは、必ずその目線の方向は定まっています。
お城を、「旅番組」に出てくるような見せ方にすることはありません。
この「選択専門番組」の目線の選択は、さすがに、まちがっていませんね。

また、やはりNHKの「新日本風土記」という番組で「お城」が扱われるときは、必ずその目線の方向は定まっています。
お城を、「歴史・史跡番組」に出てくるような見せ方にすることはありません。


◇バッターとピッチャー

「旅番組」と「歴史・史跡番組」の、お城への目線の違いは、テレビの野球中継の映像を、ピッチャー側から映すのか、バッター側から映すのかの違いにも似ています。

ピッチャーを攻撃ととらえても決して間違いではありませんが、近年は日本でも、米国のように、ボールカウントをストライクカウントよりも先に言うようになりました。
これはバッター側の攻撃側の目線を優先しているということです。
一応、得点が与えらる権利は、バッターのいる攻撃側だけですので、それに合わせてあるのでしょう。

基本的に、野球というスポーツの主役は攻撃側に置いているということなのかもしれません。
攻守の時間は、きちんと、それぞれのチームに与えられています。

でも、日本の野球よりも、米国のメジャーリーグのほうが、攻撃型の守備システムは多いですね。
日本は昔から、どのスポーツでも、あまり攻撃型の守備体制をしきませんね。
絶対に負けないという守備体制もたしかに重要ではありますが、守備という意味では、たいへんな労力を使ってしまいますね。
疲れ果てそうです。
「攻撃こそ、最大の防御なり」という言葉…、たしかに真実です。
「防御こそ、最大の攻撃なり」とは決して言いませんね。

近年は、キャッチャーの後ろにいる主審にカメラをつけさせ、映像を見れるようにしていることもあります。
確かに、バッター感覚が楽しめて、とても面白い映像です。

バッターは攻撃しているにもかかわらず、ピッチャーからガンガン攻められているような感覚になります。
ピッチャーの後ろからの映像は、ピッチャーが攻撃しているようにも、チーム全体で防御しているようにも見えます。

そう考えると、「お城」を楽しむとき、「旅番組」の観光客目線はバッター、「歴史・史跡番組」のマニア目線はピッチャー…なのかもしれませんね。


◇もうひとつの目線

もし、テレビ番組の中で、現代人の感覚で「城を攻める」のであれば、家康や秀吉のような目線で、もっと広く大きく「天下人目線」として、アプローチしてほしいですね。

戦国時代の当時の、実際のお城の図面(縄張り図)や、お城の周辺地域の地形図、道路マップを使って、本気で攻撃してほしいです。
その視点に立てば、お城の天守閣に攻撃をする方法や手段が、おそらく変わってくるはずです。

秀吉の「備中高松城の水攻め」のような、戦闘のない勝利プランだって、相当に面白いです。

「天下人目線」でなければ、近世のお城はなかなか落とせません。
小田原城の降伏も無理だったでしょう。

家康、秀吉、信長、元就、信玄あたりにしかできない、陰謀あり、大土木工事ありの、壮大な「お城 仮想攻撃」番組も、見てみたいですね。

そこには、豊臣家のような滅亡の仕方もあれば、北条氏のような終わらせ方もあります。

現代において、その両者から「戦い」を見ること…、それが「戦国時代のお城」を見るということなのかもしれません。

* * *

他にも
あの打ち破れなかった上田城や真田丸を、もし当時の兵力で攻略し勝利するには、どうしたらよいのか。
安土城を落城させるには、どうすればいいのか。
江戸城を落城させるには、どのような方法があるのか。
明智光秀は、どこで、どのように戦えば、あの時点で終わらなかったのか。
川中島の戦いを、もう一度だけ行うとしたら、どのようにしたらいいのか。
壇ノ浦で、平家はどのように戦えば、負けなかったのか。
柴田勝家は、どのように生きれば、生き残ることができたのか。
淀君の存在がなかったら、豊臣家はどのような行動をとっただろうか。
などなど…。

「起きなかった歴史」にも、テレビは挑んでほしいものです。
そんな番組なら、ぜひ見てみたいですね。
きっと、ビジネスでも、人が生きていく上でも、参考になることでしょう。

* * *

歴史実証番組でも、「源義経のヒヨドリ越えの坂落としは、現実にできるのか」よりも、「真田家の上田城を武器を使わずに、自然を利用して落とす方法はないか」の実証実験ほうが、私は好きです。
上田城であれば、敵側として、あの巨大プールの大量の水を抜く方法はなかったのかとか、あの街全体を先にコントロールする方法はなかったのかです。
源義経の「ヒヨドリ越えの坂落とし」の発想の原点は、そちらのほうに近いはずです。

* * *

私は、歴史として「お城」を楽しみたいときは、目線は必ずお城の中からです。
天下人目線は、ひとまず横に置きます。

風景として「お城」を楽しみたいときは、目線は必ずお城の外からです。
その中に、歴史の意味合いはあまり持ち込みたくありません。
姫路城や弘前城なんて、どちらから見ても、非常に楽しめますね。

現代のお城の再建や整備は、当然、後者が優先ですよね。

でも、歴史は語っています。
「攻め」と「守り」のバランスを欠いたお城は、非常にひ弱なのです。

北条氏康も、徳川家康も言っています。
やり過ぎはダメだと。やり足りないのもダメだと。

やり過ぎた者は、皆、その時に、歴史から去っていくのです。

* * *

名古屋の「ういろう」は有名なお土産ですね。私も大好きなお菓子です。

小田原の「ういろう」も、「小田原征伐」で消滅せずに、今でも、しっかり残っている銘菓です。
北条さん、しっかり残してくれて、ありがとうございました。
食べ過ぎることのないよう、ご相伴に預かりたいと思います。



2019.7.21 jiho
Copyright © KEROKEROnet.Co.,Ltd, All rights reserved.