「映像&史跡 fun」は、映像・テレビ番組・史跡・旅・動画撮影のヒントなどをご紹介するコラムです。


麒麟(12)織田入り様のお蝶様

【概要】NHK大河ドラマ「麒麟がくる」。ひなまつりの歴史。お内裏様とおひな様。帰蝶と光秀。かなわぬ夢。七段飾り。


前回コラム「麒麟(11)後悔などあろうはずがない」では、京都での足利将軍家、細川家、三好家、松永家などの壮絶な争いのこと、松永久秀の陰謀のこと、中居正広さんのことなどついて書きました。

今回のコラムは、大河ドラマ「麒麟がくる」第七話に関連した内容で書いてみたいと思います。
「麒麟がくる」のお話しを書く前に、本コラムは歴史コラムでもありますので、「ひなまつり」の歴史について少しだけ書きたいと思います。


◇ひなまつり

本日は2020年、令和最初の3月3日の「ひなまつり」の日です。
女の子の成長と幸せを願う、古くからある大切な行事ですね。

今年は、新型コロナの影響もあり、少しさみしい「ひなまつり」です。
例年のような「ひな段飾り」が、飾られない街の行事もあります。

とはいえ、あの童謡「うれしい ひなまつり」を、街なかで耳にすることは多くありますね。
♪あかりをつけましょ、ぼんぼりに。お花をあげましょ、桃の花…。
♪おだいり様と、おひな様、二人並んで、すまし顔…。

* * *

旧暦の3月3日(西暦の4月頃)は、日本の五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)のひとつで、「上巳(じょうし・じょうみ)」にあたります。
桃の花が咲く旧暦の季節ですので、この日を「桃の節句」とも呼びますね。

もともと、平安時代よりもさらに前から、この日に、貴族の上流社会の中で「上巳の節句」と呼ぶ行事が行われていたそうです。
貴族の子供たちが、天皇の住まいである御所の建物の模型にさまざまな装飾を飾りつけ、そこで楽しく過ごしたのだそうです。

江戸時代に、その行事が、子供たちが大好きな「人形遊び」と結びつき、「ひなまつり」の風習として武家階級に広がっていったそうです。
戦国時代が終わり、文化を愉しむゆとりが、あらわれてきたということですね。

* * *

昔から、紙で作られた、人の形をした型紙などを、川に流す祭礼が知られていますね。
人のけがれを込めたその「人の形」を、川や海に流すというものです。
さまざまな災いや厄をお祓いする意味合いですね。
ひな人形を、川に流す「流しびな」の風習は、今も残っています。

* * *

武家社会に「ひなまつり」の行事が広がるとともに、上巳の節句は女子、端午の節句は男子にと、分けられていったそうです。
自宅に飾りやすく、立派で見栄えもよい、大型の七段の「ひな段飾り」も登場してきます。
古式からの関連した食べ物、飲み物などに加えて、さまざまな内容が行事に加わっていきます。

子供たちをさし置いて、白酒、甘酒、ちらし寿司…、いつのまにやら、大人も楽しさいっぱいです。
子供たちには、ひなあわれ、菱餅(ひしもち)…。
もはや、子供も、大人も楽しめる、日本の一大イベントとなりました。

何より「ひな人形」は、親が、子供にたくす思いや願いを込めやすく、子供たちも大喜び、大人は酒と寿司を楽しみながら「お内裏様夫婦」の話しや自身の子供の頃の話しなど…、これが日本中に広まった要因かと思います。
大人になって、ひな人形を見た時、きっと多くの方が、自身の幼少期や家族のことを思い出されていることと思います。

これで日本の人形文化と技術も大発展していきます。
個人的には、日本人の「ゆるキャラ好き」、「フィギュア(精巧な人形の一種)好き」と無縁ではないと感じています。
自宅に、フィギュアの七段飾りが、通年飾ってある男子だって、相当に多いはずです。
今なら、スターウォーズ七段飾りあたりでしょうか。
七段ではおさまらず、人形部屋になっている方もおられるでしょう。

女の子だけでなく、男の子だって、乗り物、動物、怪獣、武器などの玩具が大好きです。
女子の「上巳の節句(桃の節句)」、男子の「端午の節句」に、自然と分かれていっても、まったく不思議はありません。
もちろん、性別にこだわることなど、必要もありません。

家庭によって、ちらし寿司のスタイルはさまざま…、家ごとに「ひなまつり」の風景は違いますね。
桃色や赤色による華やかで、やわらかで、やさしい、「ひなまつり」の雰囲気は、一年の中のいろいろな季節行事の中でも、唯一のものかもしれません。
いくつになっても、女性には、何となく気になる「ひなまつり」ですね。

* * *

大人にとっては、桃色いっぱいの華やかな雰囲気は、寒さが残る季節から、一気に「春気分」に転換しますね。
ここから、一気に、梅色、桜色の季節へと突入していきます。
そして、新緑の緑色や青色の「端午の節句」を過ぎ、紫色の梅雨のあと、真っ青な夏色へと向かいます。

日本には、なんと季節行事が多いことでしょう。
それぞれに合わせた菓子や料理もあります。
四季を愉しむ「心のゆとり」や「夢や希望」を、いつまでも大切に持っていたいものですね。


◇ひな段飾り

ひな段飾りは、東日本と西日本で、男雛(おびな)と女雛(めびな)の並び方が逆であったりするのは、よく知られていますね。

日本の古来からのしきたりでは、向かって右側が上位の立ち位置ですので、古式に従えば、男雛が右側です。
関西の「京雛」では、男雛が右側が多いとも聞きました。

* * *

明治維新により、天皇陛下が東京にお移りになりました。
当時の明治政府は、西欧列強に追いつけ追い越せの政策もあり、西洋の習慣をどんどん取り入れていきます。
人々は、洋服やドレスを着るようになり、西洋式の食事、マナーが行われるようになりましたね。
西洋では、基本的に、上位の人間が、向かって左側に立つのです。

そうしたこともあり、「関東雛」では、向かって左側が男雛となっていきました。

昨年の、新天皇の即位関連では、外国の賓客をたくさん招待する国際的な儀式・行事でした。
ですから、天皇陛下も、向かって左側にお立ちになりましたね。


◇お内裏様

実は、「お内裏(だいり)様」とは、男雛と女雛の両方をさすものです。

「内裏(だいり)」とは、平安京(今の京都市中央部)の中にある、宮城である平安宮「大内裏(だいだいり)」の中の、塀で囲まれた、天皇が政務する場所や、日常生活を行う場所などの重要エリアのことです。
場所の意味では、「御所」、「禁裏(きんり)」と呼ぶ場合もあります。
ですから、「お内裏様」、「御所様」、「禁裏様」というように、「様」がつくと、それは場所ではなく、特定の人物を意味することになります。

この内裏には、「紫宸殿(ししんでん)」という、行事を行う重要な建物があり、建物前には向かって右側に桜(紫宸殿から見て左近桜)、左側に橘(たちばな / 紫宸殿から見て右近橘)の樹木が植えてあります。

ひな段飾りは、もともと天皇皇后両陛下の結婚式を表現したものです。

大型の七段飾りの場合は、15人飾りと呼ばれ、前述の樹木を御所と同じように、ひな壇に飾り、三人官女(侍女)、五人囃子(音楽隊)、二人の随臣(ずいじん・武器を持った右大臣と左大臣)、三人の仕丁(じちょう・従者)が、お内裏様の下段にそれぞれ並びます。
そして、多くの嫁入り道具などが並べられます。

* * *

ちなみに、前述の右大臣は、ひな壇の、向かって左側で、左大臣は向かって右側です。
右大臣が武力のある若武者を意味し、左大臣は知性や学識のある老武者です。
両者は、いわゆる皇室の警護の役目です。
左大臣は、右大臣よりも格上です。

江戸時代までのトップの武将や公家たちには、右大臣、左大臣、右大将、左大将などの官位が与えられていました。
「右大将」は、実は「征夷大将軍」よりも格上です。

「左」になれたのは、基本的に五摂家(近衛・鷹司・一条・二条・九条、ようするに藤原家です)で、源頼朝、織田信長、徳川将軍らは、右大臣や右大将(右近衛大将)です。
たいがいの武人は「右」です。
右大臣の信長が「右府様(うふさま)」と呼ばれていたのはそのためです。
家康の「内府様」という有名な呼称は、「内大臣」だった時代のことです。

* * *

昨年、男雛と女雛の「お内裏様」の本物の姿を、天皇皇后両陛下の「即位の礼」で見ることができましたね。
皇后陛下や女性皇族の方々は、髪型の「おすべらかし」や、十二単の御着物を着ておられました。
おひな様の姿といっしょでしたね。
ひな人形たちの、華やかで素敵な衣装は、決して想像物ではなく、現実の着物なのです。


◇♪うれしい ひなまつり

前述の童謡「うれしい ひまなつり」は、1936年(昭和11年)に発表されたもので、作詞は、有名なサトウハチローさんです。

この歌詞は、古くから、いくつかの誤りが指摘されていますね。
サトウハチローさんも、作詞した時点で誤認していたと語っていたそうです。

歌詞の「お内裏様とおひな様」…、前述しましたが、「お内裏様」は男雛(天皇)と女雛(皇后)の両方を示すもので、両者を区別して表現するものでは、本来ないものです。
歌詞の「あかいお顔の右大臣」…、赤い顔の年をとったほうの武者は、本当は左大臣です。

歴史マニアや歴史ファン、日本文化に精通している人でもなければ、ついつい間違えてしまいますね。
すでに、歌詞が定着しすぎて、変更も簡単ではありません。

この歌詞を聞くと、ひな段飾りの華やかな光景と、その段の前にちょこんと座るかわいい着物の女の子が、目に浮かんでくる、それは素晴らしい歌詞です。
この歌詞だからこそ、世の中に定着した童謡ですね。
間違いがあるとしても、歌詞を変えたくない気がします。

こんな間違いエピソードとともに、童謡を残していくのも、「学べる うれしい ひなまつり」かもしれません。


◇ひいなちゃん

ちなみに「おひな様」の「ひな」とは、平安時代のかわいいを意味する「ひいな」という言葉が「ひな」に変化したとも、「ひな」「ひいな」「ひひな」など、さまざまな呼び方があったなど、いろいろな説があります。
もともと、「ひな」や「ひいな」は、女の子たちが遊びで使う、小さな人形を意味していたともいわれているようです。

歴史全般が好きな歴史ファンからしたら、「お内裏様」の定義や「ひな」の語源などは、それほど気になることでもありませんが、人形業界やイベント業界でしたら、相当に重要な事柄かもしれませんね。

* * *

ご自宅で、ひな人形を飾る際、お内裏様の並べ方は、各家庭の自由でいいのかもしれません。
「我が家は、実際の夫婦の地位にあわせて…」とか、「ひなまつりくらいは、主人を立てましょう」でも、いいかと思います。

小さな女の子たちも、大人の女性たちも、この日に、何か夢や希望を抱いたり、一瞬でも親からの愛情を思い出せれば、それでいいのかもしれません。

「ひなまつり」…、それは愛や夢を感じる日ですね。
「ひなちゃんの日」、「ひいなちゃんの日」です。

ひいなちゃんたちは歌いましょう。
♪今日は、私も晴れ姿


◇織田入り様

さて、NHK大河ドラマの「麒麟がくる」第七話では、織田家に嫁ぐことに悩む「帰蝶(きちょう)」の姿が描かれていましたね。

コラム「麒麟(4)土岐のおいとま・蝶が帰る場所」でも書きましたが、帰蝶の生涯は、断片的にしかわかっていません。
いつ、どこで亡くなったかも断定できていません。
ある頃に、消息がわからなくなります。
信長の女性関係は、特に、よくわかっていません。

* * *

今回の大河ドラマでは、帰蝶と光秀のあいだに、そこはかとない愛情関係があるように描かれています。
次回の第八話で、帰蝶は、自分の人生を光秀にゆだねるのでしょうか。

このあたりは、史実ではわかりませんので、架空の愛の物語として描かれていくのだろうと思います。
ということは、今回の大河ドラマ「麒麟がくる」の「本能寺の変」のシーンでは、その本能寺の場に帰蝶がいるという設定なのかもしれません。

個人的には、そうであってほしいと思っています。

帰蝶は、光秀によって、人生をつくられ、しめくくりも彼にゆだねることになるのかもしれません。

帰蝶は、本能寺の炎の中で、「水色桔梗」の旗を見た瞬間に、どのように思うのでしょうか…。
ドラマの中で、ひょっとしたら、帰蝶は、本能寺で、光秀と顔を会わせるのかもしれませんね。
どんな表情をするでしょう。


◇衝撃の登場シーン

第七話では、織田信長が、このドラマに初めて登場してきました。

今回の大河ドラマは、各登場人物が、思いもかけない意外な風景の中から初登場してきますね。
このこだわりは、いち視聴者として、非常に面白いです。

今回の信長も、まさかの海からの登場です。
本能寺の炎のような、真っ赤な朝日を背景に、槍(もり)を持ったシルエットでの登場です。
まさか、こんなド派手な演出になるとは、想像もしていませんでした。
現実的には、ありえないような登場ですが、これがドラマのいいところ。

光秀の目には、信長のこの姿と風景が焼き付けられたことでしょう。
二人の出会いと別れが、まさに似た風景なのか…。


◇菊丸…だれや?

ちなみに、岡村隆史さんが演じる「菊丸」のことですが、私は、コラム「麒麟(7)一撃必殺・ウソぴょんがくる」で、菊丸はどこかの武将の間者(忍者)のはずだと書きました。

候補として、織田、斎藤、今川、武田、朝倉、甲賀者、伊賀者、六角、京極、松永、徳川あたりが考えられますが、この第七話から察すると、斎藤道三は候補からはずしていいのかもしれません。
いずれにしても、光秀の動きを監視していることだけは確かです。
ちょっとしたミステリードラマの味付けも、なかなか面白いですね。


◇かなわぬ夢

第七話は、全体的に現代劇の愛のドラマのような雰囲気と台詞でしたね。

ドラマの中で、門脇麦さんが演じる「駒(こま)」の台詞に、次のようなものがありました。

石川さゆりさんが演じる「牧」(光秀の母)が、「どんな女性も等しくそういう時(結婚)をむかえる」という主旨のことを言います。
そこで駒が言います。
「それができぬものは、どうすればいいのでしょうか。」
「思うても、思いをとげられぬ者もおりましょう。身分のこと、暮らしむき(経済力)のこと、さまざまなわけがあり、嫁ぐことがかなわぬ者は…」

この台詞は、男の私にも、ドキッとした台詞でした。

コラム「麒麟(9)反対側から見る風景」で兵器による抑止力の話しを書きましたが、今回の大河ドラマでは、現代にある社会ネタもどんどん入ってきますね。
今回の大河ドラマでは、登場人物の台詞の中に、制作者の主張が、かなり入ってくる気がします。
いろいろなものが「くる」のです。
個人的には、おおいに結構です。

* * *

第七話の駒の台詞は、もちろん自分自身のことを語ったものではありますが、今の未婚の若者の苦悩をも連想させます。

皆がみな、「お内裏様」になれるわけではありません。
夢見ても、努力しても、かなわぬ場合もあります。

「麒麟がくる」第七話は、女性たちの苦悩はもちろん、自分の思いが伝わらない、実現できない男の武将たちの姿も描かれていました。
思いが伝わらない者どうしは、いつか戦いにまで発展しますね。
帰蝶と光秀のように、かなわなくとも、伝わる場合もあります。

人の思いを理解する能力が高い光秀は、ドラマの中で、いろいろな人間の間で苦悩することになりますね。


◇いつか、その日が…

本木雅弘さんが演じる斎藤道三は、光秀に言います。
「京で内裏を見てきたか…」。
光秀は言います。
「長い塀があり、中は見えませんでした。」

光秀がドラマの中で、「お内裏様」となるのは、もう近いでしょう。
でも、相手は帰蝶ではありません。

帰蝶は、近いうちに、「織田入り様」となります。
はたして、彼女にとって「うれしい ひなまつり」となるでしょうか…。

* * *

3月3日…、それが今年かなわなかったとしても、
皆さまにとって「うれしい ひなまつり」が、毎年 訪れますように…。

* * *

コラム「麒麟(13)」につづく。


2020.3.3 天乃 みそ汁
Copyright © KEROKEROnet.Co.,Ltd, All rights reserved.